無料ブログはココログ

木村拓哉・smap

福岡~大分へ

福岡、大分へ行ってから一週間、今頃疲れが出てきた感じです。

年をとるほど疲れは後からやってくる@@@

   ~~~~~~~~~~~~~~~~

24日、10時半過ぎの新幹線に乗り、午後1時前には博多駅へ。

Dscn8670 Dscn8668 博多はとても綺麗な駅になっていて、ミストまでが歩道に出ていました。

コンサートは6時半から。一昨年の経験で夕飯はお弁当を買ってホテルで食べるのがベストと思い、阪急デパートのなだ万でお弁当を買いました。

ホテルのチェックインはやっぱり混んでましたが、15分くらいで何とか済み部屋へ。

部屋はぎりぎりでデラックスファミリールームという大きな部屋が取れ3人で4ベッドという豪華さ、で、お値段はリーズナブルでした。何事もぎりぎりまで粘って交渉してみるものですね。

Dscn8671 Dscn8672 Dscn8673 24階のホテルの部屋から。厚い雲はその後晴れていいお天気でした。

Dscn8675 なだ万のお弁当、お上品な味わいで美味。Dscn8676 お素麺のジュレ仕立て。麺は延びてなくて美味しかった。

早めの食事をして、6時過ぎにホテル隣りのシーホークドームへ。

6ゲートなのでホテルからすぐの入り口。入場はとても楽だったのですが、残念だったのは席。

着席席は例年いい席に恵まれていたので今年も大丈夫だろうと思っていたら、見事なステージ真横の見切れ席。周りは小さいお子さんやかなりのご年配の方など。

サイドのスクリーンも見難く、全体像が把握できません。

でも、構成や演出には無駄がなく、結構な完成度でどんどん進んで行きました。

それが例年とちょっと違うところ。だからトイレタイムが見つからず、友人は結局3時間半一度もトイレにたたないまま。

今まで冗長に感じられたジャンクションや、ラッキーさんコーナーも、N君の長いソロタイムもとてもコンパクトにまとまっていて、これを是非正面に近い位置から見たいと思いました。

スマップのエンタテナーとしてのレベルはますます高くなった感じで、福岡シーホークドームを4日間満員に出来るのも納得でした。

それによる経済効果もすごいらしいし、今度はゆっくり博多の町を楽しみながらまた是非来たいですね。

閑話休題

8月も三分の一が過ぎようとしています。

7月に入ってからのカレンダーの進み方が、年の前半より早く感じます。

2年に一度の私にとってのイベントの時期が近づいたからかも、ですね。

来週の今頃は、福岡ドームでペンライトを振っていることでしょうhappy01

Dscn5606   写真は一昨年の福岡

当たり前のように何処へでも遊びに行けた時期と違って、今は母の介護で時間の制約はきついけれど、今年も同じように行動できることに本当に感謝の気持ちで一杯です。

夫は、今週は乗鞍岳登山、来週は趣味のグループと蓼科合宿。

この時期にスマップコンサートがあることが、私だけでなく夫にとっても大きな幸せ。

それぞれが、好きなことにのめり込めるって、天の神様に感謝です。

今NHKで音楽番組が流れている。

滅多に見ないこの手の番組ですが、今夜はなつかしい曲が。

由紀さおりの夜明けのスキャット、大好きだったし相変わらず美しい。

その前に歌った広田三枝子の人形の歌、確か整形したのよね、彼女は。

顔が崩れて痛々しかった。歌がうまいのだから、素のままで勝負すれば、もっと活躍できたんじゃないかと思います。

やっぱり人生は自然体に、あるがままを受け入れて年を重ねるほうが結果的には心地よい気がします。

とか言いながら、若ぶってライブへ(◎´∀`)ノ

でも、スマップファンの年齢層の幅広さは、どんな年齢でも違和感を感じないところが素晴らしい。

私たちの世代なんて、中間のちょっと上、なんて言ったら言い過ぎ?happy02

頑張れ!! 日本  NIPPON 

http://www.youtube.com/watch?v=5tHz-_-OIFY

http://www.youtube.com/watch?v=J27EAg0_G5c&feature=related

私は日本人であることをこんなに誇りに思えたことはありません。

日本は必ずまた起ち上がるでしょう!

過去に遡って

サボってばかりのブログなので、まだ書ききれてないことが・・・

この夏はスマップコンサートに明け暮れて過ぎていったんだけど、〆はやっぱり東京ドームオーラスに行くこと

数日間頑張って、チケットをゲットして、ついに初めてのオーラスにも行きました。

噂に違わなぬ楽しさで、やっぱり病みつきになりそう。

トリプルのアンコールとシャンパンファイトで4時間15分。

Dscn5736

9月16日分チケットはしっかり取れていたんだけど、義理の叔母が14日に亡くなり、どうなることかの展開に。

結局前夜お通夜を済ませ、当日葬儀は出棺までで失礼させてもらって、東京ドームに駆けつけました。

幸い従姉妹にもスマファンがいて理解してくれたので助かりました。

16日はちょうどDVD撮りの日で席は今までで一番良かったのに、目の前のカメラのクレーンが突然視界を遮るという時たま残念な席。

でも自分の参加した日が記録として残るのは嬉しいこと。

スマップもDVD撮りを意識してか、MCも長くて面白かったし、張り切り具合も最高だったんじゃないかしら。

娘とスマップ大好きな娘のお友達も参加して、とても楽しく過ごせました。

泊まりはドームホテルなので、終われば直ぐに帰れて楽だしね。

すっかり秋めいていて、時は進んでいるからちょっとと思ったけど、一応アップしておきます。

な、なんと一ヶ月以上ぶりのブログ@@@

どれだけこのブログをサボっていたんだ~punch

もうすっかり涼しくなってきたのに、これから真夏の九州スマップライブ付き旅行についてアップしようというhappy02

で、どんどん薄くなってゆく記憶力だけど覚えていることだけでも、、、

初めての九州出張スマップライブは、幸運なことに1週間前にキャンセル空きが出て、ヤフードームの隣のシーホークホテルが取れました。

Dscn5608_2 Dscn5606

お蔭で37度越えの猛暑の中でもグッズ売り場で買い物ができました。

Dscn5614

コンサートに行く前にホテルのラウンジレストランでカレーを食べ、いざ出陣dash

今回の席はバックステージ前の2列目。

アンコールには目の前にスマップが来て歌ってくれました。

札幌に比べてヤフードームの私達の周りはマナーのいい方ばかり。

一切バッファはいなくてとても気持ちよく、そのせいかどうかバッチリメンバーがこちらを見ていってくれました。

トロッコで移動していくときには、木村君が「この一角は年齢層が幅広いな~、どういう席だ?」と思っているような不思議な顔で見回して、眼があったようなheart01heart04

なんといっても着席席だからね。赤ちゃんからご高齢まで、まるで日本の人口分布図のままという感じimpact

それにしても、そのあたりの人はみんな自分も木村君と目が合ったと思っただろうけどねlovely

生キムタクは想像をはるかに超えた綺麗さだったよhappy01

雨の富良野へ行く前に。。

2日目は、札幌のホテルを出発する頃からパラパラ雨がrain

この日は旭川経由で富良野まで観光タクシーを頼んでいたので、雨でもいろいろ巡ることは出来ました。

ちょうどホテルを出ようとしたら、タクシーの運ちゃんが「同僚がスマップさんをお迎えに来てますよ」と言う一言に反応。

出発を遅らせて出てくるところをキャッチしようとしましたが、そんな甘いものではありませんでした。

確かにそれらしい車は駐車場から出てきましたが、カーテンでしっかりガードされていました。

Dscn5421

まさか同じホテルだとは思いもしなかったので、とても嬉しかったhappy01

スマップのコンサートはやっぱり楽しい!!

6時過ぎ、2年ぶりのコンサートが始まりました。

前回は札幌がオーラス。オーラスの楽しさを一度味わったらやめられません。

そして今年は札幌から始まるので、噂に聞いた初日のコンサートを体験したいと初日チケットをゲット。

毎年、初日はリハーサルのようなスマップコンサートらしいんだけど、今年は5人が、完成度が高いよと言ったとおり、かなり出来上がってました。

それでも、相変わらず中居君は音程はずしまくり。思いのほかよかったのは、クサナギ君の「帰ってきた酔っ払い」

基歌を知っているものとして、どんなかなと思ったんだけど、アップテンポの編曲でバックに4人が小芝居なんかして楽しかった。

そしてなんといっても秀逸だったのが、木村君のソロのダンス。

もうこのためだけに、コンサートに来ましたといっても、納得できてしまうほどの完成度とうまさ。

まあ木村ファンだからねheart04余計にそう思えるんだけどねshine

MJを越えたとは言いませんが、かなり近いと言っても過言ではないと思う。

あ~、眼福、眼福happy01