無料ブログはココログ

映画・テレビ

大鹿村騒動記

今日は原田芳雄の遺作となった大鹿村騒動記を見てきました。

お話は長野県大鹿村、300年続く村歌舞伎の花形役者・原田とその妻・大楠道代、二人の共通の友達・修ー岸部一徳を中心に、村歌舞伎と村を襲う台風、リニア新幹線誘致問題を絡めての悲喜こもごもの人情コメディ。

原田芳雄の最後の舞台挨拶の様子をWSで見ていたので重重しい悲劇かと思ったら、全然印象が違って、場内は笑いが起こり楽しい雰囲気に。

18年前に風祭善の妻貴子は友達の修と駆け落ちをして、その後善は一人でジビエ料理の店を細々営みながら離婚届に判も押さず暮らしてきた。

村歌舞伎の5日前、修が脳の病気を患って頭がおかしくなった貴子を善に返そうとやってきたところから物語が始まる。

本来なら暗く重い題材のように思える話を、軽いコメディタッチで見終わった後、何とも言えない可笑しみが心地よかった。

とにかく役者がすばらしい。佐藤浩市や三国連太郎、石橋蓮司、松たか子など錚々たる俳優が脇を固めていて、きっちり自分の仕事をしている感じとテンポが心地よくて、93分間飽きることなく見られた。

忌野清志郎の歌も哀歓がぴったりでベストマッチだったと思う。

原田芳雄は存在感といい底に流れる温かさといい、あらためていい俳優だったんだと今さらながら思った。

2005年の「エンジン」のときの風の丘ホームのパパ役も良かったしね。

それにしても素晴らしい人たちがどんどんあちらの世界にお引越しをされてしまうのは寂しいですね。

原田芳雄さん、お疲れ様でした。合掌

英国王のスピーチ

今日は英国王のスピーチを名演小劇場に観に行って来ました。

Dscn6850

昼12時過ぎの回は、開演30分前に着いた時に100番目の札、会場は105名とあったのでぎりぎりセーフでした。

その次の回も満席で、さすがアカデミー賞4部門獲得の話題作ぶりでした。

内容は今のエリザベス女王の父君ジョージ六世の実話に基づいた話。

シンプソン婦人との愛を貫くために国王の座を降りた兄エドワードに代わり、国王に付かざる終えなくなった弟のジョージ六世は、幼少時からのトラウマで吃音に悩まされ、民衆の前での演説は大の苦手だった。

それを克服するために妻が探してきたセラピストは、資格もないスピーチ矯正家ローグ。

ローグは治療に際し、国王という身分をあえて捨てさせ、対等な立場で治療を試みる。

最初は抵抗していた王も、徐々に心を開き、心のうちにある鬱屈した思いを友達に吐き出すようにローグに吐露し、ついに、ドイツに宣戦布告した英国の国民を納得させる国王演説を、説得力あるスピーチで成功させる。

とにかくジョージ六世のコリン・ファース、セラピストのジェフリー・ラッシュと妻エリザベスのヘレナ・ボナム・カーターの3人の演技が素晴らしかった。

最後の国王の演説は、初め訥々ながら、ずんずん民衆を引き込み、いつしか観客は民衆の一員になったかのように国王を応援し、テンションも揚がっていく。

そのへんがこの映画の人気の所以なんでしょうね。

ストーリー自体はは特に目新しいものではないと思うんだけど。。。。

ジェフリー・ラッシュがかつて「シャイン」で精神を病んだピアニスト・ヘルフゴットを演じた俳優だと思うと、時たま「シャイン」を思い出すし。

天才数学者ナッシュを描いた「ビューティフルマインド」という映画もあったと思うの。

まあ、私的にはこの手のストーリーは大好きだからとても満足でした。

さて、映画を気を入れて観てすっかりお腹が空きました。

お昼のランチタイムが過ぎてしまった時間。行くのはやはりミッドランド。

でも今回は、すし清の隣の韓国料理「妻家房」

ここもランチタイムの時間制限なしのお店。

Dscn6851 今日は夜の部で「早乙女太一ショー」の招待券を貰っていたので、夜が遅くなることを見越して、海鮮焼きとスンドゥヴチゲのセットにしました。

映画と舞台のはしごは初めてでしたが、早乙女太一君のショーは踊りがメインの気楽なもので楽しめました。

それにしても早乙女太一君、綺麗だったなあlovely

    春宵の早乙女太一てふ女形       ミモザ

SPACE BATTLE SHIP ヤマト

観てきました~!!

いやー、思いのほか良かった!

思いのほかというのは、原作アニメだし、VFXがうんたらかんたらとよくわからない言葉が飛び交ってるし、まあとにかく期待過多にならないように、と気を引き締めて観に行ったんだけど、そんな心配全然なかった。

初めからぐんぐん引き込まれて、2時間半があっという間に感じるほどストーリーの中に入っていけました。正直泣けました。

一緒に行った友人も、途中からハンカチで涙をぬぐって、観終わったときには目が赤くなってました。

話は、遥か14万光年のイスカンダルまで放射能除去装置を探し求めて悪と闘いながら、地球を救うために死闘を繰り広げるヤマト乗組員の話なんだけど、究極は人間愛という壮大なテーマを大人の楽しめるレベルにまで持っていった山崎監督はじめキャストの頑張りが素晴らしかった。

また近いうちにもう一度、といわず二度三度と行きたい映画でした。

というのも、木村君のファンでもあるからだけど、ねlovely

REDLINE

見てきました、木村拓哉が声優をやっているアニメ「REDLINE」movie

いや~、予想以上に面白かった!!

声優陣は他に、蒼井優、浅野忠信。

蒼井優が、役のソノシーにぴったりで、森ガールのイメージと全然違って、愛らしくて色っぽくていい味を出していましたね~。

JP役の木村君は、もうJPそのもの、熱くて優しい男で、もともと木村君に声優をやってもらうつもりで作った作品らしいから。

最後の台詞がなんとも嬉しい、この台詞を聞きたいからまた行きたいわheart01

ストーリーはきわめて単純、レッドラインのレースに勝つためにひたすら突っ走る。

巻き起こることが奇想天外でも、そんなことは気にならない、むしろ面白くて痛快で頭を空っぽにして、見終わったら、気持ちがスカッとしてたっていう映画sun

一緒に行った友人も楽しかったって喜んでたから、感性が似てるのかも。

館内はキムタクファンらしき女性がほとんどで、10数人くらいいたかな。男性はちらほら。

もっと宣伝して多くの人に見てもらえばいいのにと思いましたheart04

ヤマトの予告編もあって、大満足の映画鑑賞でしたlovely

「オーケストラ」★★★★

名古屋の名演小劇場でやっている「オーケストラ」を見に行ってきたmovie

ブレジネフが書記長時代の旧ソ連、ボリショイ劇場オーケストラのユダヤ人を排除しようと突如演奏を中断され、路頭に迷った指揮者や楽団員、ソリストたちの実話を下に作られた映画。

ボリショイオーケストラを辞めさせられ、いまは掃除夫となっている有能な元指揮者が、元楽団員を集め、パリでコンサートを開くまでをドタバタと感動で描かれていて、長いエンドロールが終わる頃には、チャイコフスキーのバイオリンコンチェルトを家でゆっくりと聴きたくなってしまった。

それにしても、ソ連(ロシア)という国の国民性やイデオロギーが、私にはどうにも理解できにくかった。

多分、監督もそういう部分を意図的に描いているんだろうけど。