無料ブログはココログ

« アンフュージョン | トップページ | 久しぶりに »

チャチャありがとう!!

11月18日、18年半生活を共にしてきたチャチャが亡くなりました。

17日の朝、私が起きてくると首をもたげて振り向きます。急いでチャチャの傍に行くと喘ぎながら鳴いて膝に乗りたがりました。

膝に抱っこして体を撫でてあげながら、「長い間一緒に居てくれてありがとう。チャーチャンと一緒に居て、本当に楽しかったし幸せだったよ。」と声をかけ、しっかりしっかり抱いてあげました。

そのとき鼻が詰まってちょっと苦しそうでしたが、まだまだ意識はしっかりしていました。Dscn9058
でも、その後鼻のつまりがひどくなり様態が悪くなって眠り続けていました。

午後から獣医さんに来て頂き苦しそうな鼻を通し、水分補給をしてもらい、少し楽そうになりました。

前日には、口内炎でとても痛そうな口も獣医さんに治療をして頂き、鼻の通りもよくなり、少し安心していました。

信州へ行っていた夫も帰ってきて安堵したのも束の間、その夜様態が悪くなり、大きな音にびっくりして痙攣が起きてしまいました。

痙攣はすぐに治まりましたが、夫と二人、今夜が山だろうとチャチャの横に寝て様子を看ていました。その後は落ち着いて寝ていたので、夜中に私たちも二階に寝にいきました。

翌朝起きてきたら、チャチャは床に降りて横たわっていました。

前日まで自分で起き上がれると思わず、椅子に寝かしていたのでびっくりして声を掛けると、また痙攣が起きてしまいます。

ゆっくり静かに体をさすってあげると落ち着き、昼頃までそんな状態が続きました。

獣医さんに、余り苦しいなら安楽死も考えている旨を伝えて往診を頼みましたが、午後1時5分、誰の力も借りずに力尽きて天国に旅立っていきました。

生まれてすぐに公園のゴミ箱に捨てられていたチャチャは、小さい頃から母の愛情を知らずに育ったので、独立心がとても強くて、クロちゃんが家に来るまで鳴くこともゴロゴロ言うこともまったく知らない猫でした。

それが甘えることを知ってからは、クロちゃんの前では強がっていても、夜は私と一緒のベッドで寝て、食事をしていれば一緒の椅子に座りたがる甘えん坊の猫になりました。

クロちゃんに続いて、チャチャが居なくなったら、私がどんなに悲しむかも知っていて、出来るだけ長く生きようと、最後の最後まで精一杯生きてくれたんだと思います。

そんなチャチャに、「もう頑張らなくていいよ、本当にありがとう」と言って上げられたことで、私なりに気持ちの整理はついたつもりですけど、寂しさは日に日に募ります。

ペット専門霊園で人間と同じようにお葬式をして上げました。

今までの猫や犬は庭に埋めてあげたり、やすらぎ霊園で合同で焼いてもらったり、クロちゃんみたいに突然姿を消してしまったりと、ペットとのお別れでしたけど、チャチャは家族の一員としてお経を上げて頂き、お焼香もしてお別れできたことで本当によかったと思います。

Dscn9087
チャーチャン、本当にありがとう、そしてさようなら・・・・・

« アンフュージョン | トップページ | 久しぶりに »

ペット」カテゴリの記事

コメント

私が飼いたいと言って連れてきたチャチャだけど、お母さんが18年間ずっと大切にしてくれたね。ありがとう。
チャチャやクロほど幸せな猫はいないと思うよ。2人とも、お母さんが楽しく元気でいることを一番望んでいるだろうから少しずつ元気になってね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アンフュージョン | トップページ | 久しぶりに »