無料ブログはココログ

« 加茂免とさくらーその2 | トップページ | ファロ資生堂 »

2ヶ月ぶり

諸々で慌しかった9月と、月のうち半分は風邪を引いた状態だった10月とが過ぎて、もう11月になりました。

カレンダーも後2枚、2か月分一緒に載ったカレンダーの写真は雪景色になっています。

今年もあっという間、特に後半の速さは年を重ねるごとにスピードを増しているようです。

余り変化のないように見える日常も、少しずつ動いています。

一番大きな変化は、我家の大切な猫のチャチャが、小康状態からだんだん衰えを見せて、2週間間隔の点滴が効かなくなってきたこと。

18年一緒に暮らして来れたことをありがたく思いつつ、別れが近づいていることを覚悟する毎日です。Dscn86489月のチャチャ

Dscn9012
Dscn9015
昨日のチャチャ、毛並みもさらに荒くなって・・・・でももっと悪いときはこんな姿勢では寝ないので、金曜日にした点滴がやっと効いてきたのかも;;

「月日は百代の過客にして行きかふう年も又旅人也」と芭蕉が奥の細道で書いているように、月日の流れには逆らえないもの。

とは言え、そんなに簡単に達観できないのが凡人の悲しさですけど。

Dscn9011
これは竹内栖鳳の「斑猫」、先月友人の踊りの会を見に上京したときに、山種美術館に足を伸ばして対面してきました。

この猫の描写の素晴らしさとモデル猫の数奇を思うと、見ていて自然に込み上げてくるものがあります。

でもこうして後世に残る作品になる猫はやはりそれなりのものを背負ってこの世に来たのでしょう。

それもこれも全ては旅人としてcat

« 加茂免とさくらーその2 | トップページ | ファロ資生堂 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 加茂免とさくらーその2 | トップページ | ファロ資生堂 »