無料ブログはココログ

« 京都行きは和久傳から | トップページ | 大相撲名古屋場所 »

京都、六道珍皇寺~祇園の宵々山

幽霊飴屋から六道珍皇寺までぶらぶら歩きましたが、前回より暑い日だったにもかかわらず、興味を持ちながら歩くときは疲れ方が違うことを知りました。

今回は御朱印帳をお願いするために、堂の中に入れていただきましたが、たまたま学術調査が入る日とのことで、桃山時代の曼荼羅2点が堂内にかけられていて、大変貴重なものを見せていた頂くことができました。

Dscn8524 小さい閻魔・篁堂の閻魔大王像、小さな格子窓越しにしか写真が撮れないので、はっきり写ってないのが残念。

今年は50年に一度の小野篁 冥土通いの井戸のご開帳があるそうです。

Dscn8525 珍皇寺を後に、風情のある路地を北に向かうと建仁寺があります。

Dscn8530  Dscn8531

建仁寺は京都五山の一つで珍皇寺もこの建仁寺の塔頭の一つ、風神雷神図でも有名なお寺。

Dscn8535 Dscn8536 建仁寺をさらに北へ行くと祇園花見小路。午後3時頃というのにもう舞妓さんがお支度をして歩いていました。

左の長蛇の列は抹茶の蕨餅で有名なお店みたい。暑い中ご苦労様です。

花見小路をさらに一力方面へ北へ行くと祇園四条通。

Dscn8539 歩きつかれたのと小腹が空いたので、間口一軒ほどの八雲というお蕎麦のお店で鴨せいろをいただきました。

栄養補給も出来たので、四条通を烏丸方面に山鉾を求めて歩き始めました。

が、やはり暑さと人の多さに、しばらくしてついタクシーを拾ってしまいましたが、、、、

当然、前にはなかなか進みません。結局四条大橋を渡り、四条河原町の藤井大丸前でタクシーを降りて、阪急電鉄の地下を利用したりして、大丸まで歩くと、ついに前方に山鉾が見えてきました。

初めて見る山鉾は天に突き刺す長刀鉾でした。

Dscn8547 Dscn8548 思っていたよりうんと大きくて立派な鉾に大感激。疲れも吹っ飛び、他の鉾を求めて勢いがつきました。

Dscn8581 Dscn8577 そして、いつもは非公開の元豪商杉本家へ。

Dscn8585 Dscn8588 内部は写真禁止でしたが、入り口で一枚だけ撮らせていただきました。氷柱なんて、今の若い人は知らないんじゃないでしょうか?

杉本家は豪商だけに俵屋宗達の屏風が飾ってあったりして、往時を忍ばせましたが、夕方だったので薄暗い部屋の中が余り見えず残念でした。

そして、最後は伊勢丹地下街で和久傳の鱧寿し、鯛寿しを買って新幹線に乗り込みました。

Dscn8596

和久傳に始まり和久傳に終わった今回の京都行きでした。

« 京都行きは和久傳から | トップページ | 大相撲名古屋場所 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 宵山は一度行きましたがすごい混雑だった事しか・・・祇園祭は、わざわざ東京から見に来るというのでこれも一度付き合いましたが、とにかく暑くてー、以後夏の京都は遠慮してました。今なら京都の四季が楽しめる気がします。
こちら長女の家族が来タイし無事帰って行ったのでホットしてます。^0^

祇園祭は宵々山だったので、多少楽だったかもしれません。
とにかく杉山家が素晴らしかったので、もう一度ゆっくり行ってみたいです。

来年行けたらいいですねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都行きは和久傳から | トップページ | 大相撲名古屋場所 »