無料ブログはココログ

« クロちゃん | トップページ | 京都行きは和久傳から »

送り梅雨

梅雨の終わり頃に降る大雨を送り梅雨と言うそうです。

日本語は確かに美しい。でも現実はあまりにも残酷で、

自然の恐ろしさを、これでもかと言わんばかりに見せ付けてきます。

テレビのニュースの映像を見ていると、

半分以上水没した民家を抜けて、轟々と流れる川があまりにも凄くて、

現実と認識するのに、頭がついてゆけません。

経験のない大雨といわれてますが、「経験のない」というのは気象用語とか。

そんな気象用語が存在することすら初めて、まさに経験がない。

        経験のなきも経験送り梅雨     ミモザ

これ以上被害が大きくならないことを祈ります。

今日、約2週間ぶりに獣医さんにチャチャを連れて行きました。

チャチャも、クロちゃんがいなくなったことを認識しだしたのか、元気がありません。

先生にクロちゃんのことを話したら、ひょこっと帰って来るかも知れませんよ、なんて言われましたが、それはありえないと思います。

    遠花火別れはいつも突然に     ミモザ

Dscn8120  クロちゃんは野生性が強くて、猫の中の猫だったのかも。

今どきの猫は、姿を隠して死ぬことは少なくなったらしいけど、クロちゃんは自分の死を悟って、姿の隠したのでしょうね。

« クロちゃん | トップページ | 京都行きは和久傳から »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クロちゃん | トップページ | 京都行きは和久傳から »