無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

夭折の画家・村山槐多

岡崎市美術博物館でやっている「村山槐多の全貌」展」へ行ってきました。

村山槐多は信濃デッサン館で見た「尿する裸像」の印象が強く、真赤な裸像が托鉢鉢に尿をしている構図に、衝撃を受けたことを覚えていますが、それ以外の作品や人となりは全然知しませんでした。

今回の全貌展を見ると、22歳で亡くなるまで、自分自身に忠実で、そのために奔放に見えたり苦悩したり、芸術家らしい繊細さが、凡人から見ると生きることに辛かったんじゃないかと思えますけど、

槐多の生き方そのものが、芸術だったんじゃないかと思えて、本当に興味深い展覧会でした。

ところで今日は、新しく家族になった3番目の息子の誕生日です。

いろんなことがあるでしょうが、これからも娘と協力して仲良く暮らしていってくださいね。Dscn1863


おめでとうbirthday




謹賀新年




2012年が明けました。

昨年3.11の未曾有の災害を経験した日本が、新たな復興に向けて前進できる年になりますように!

そして、我家では今年は新たに家族が増えることになって、おめでたいお正月となりました。

ただ、いつも田つくりや黒豆を作ってくれていた母が倒れたので、、、、

Dscn0970_5Dscn0968_9Dscn0969_5御節はいつものように「さくら」にお願いしました。さくらの御節がないとお正月を迎えた気になりません。

そのほかのものは、田つくりと黒豆を生協で注文。毎年お歳暮にいただいていた数の子が、今年はなかったので、初めて数の子を「みどり」で買いました。

さくらの御節とお雑煮、みどりで注文しておいたお刺身が今年の主なメニューになりました。

今年は次男がメキシコのお友達オクちゃんをを31日に連れてきたので、紅白を見ながらプチ宴会。

オクちゃんは、お重に詰められた御節は初めてだから嬉しいと言って食べてくれました。

その後二人は除夜の鐘をつきに出かけて行ったので、紅白の後はCDTVを、独身最後の娘と楽しみいつものように新年を迎えました。

ということで(大した脈絡もないけれど)、遅ればせながら今年もよろしくお願いします(o・ω・)ノ))

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »