無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

犬山ホテル

かつて一緒にボランティアをしたお仲間と犬山ホテルで忘年会をかねた慰安会をしてきました。

お天気に恵まれて犬山城が山の上にそびえています。Dscn0908

夏には鵜飼も開かれる川には、所在無げな鳥たちが岩の上でのんびりDscn0911


ロビーでツリーが出迎えてくれます(向きが変ですが)Dscn0912Dscn0913食事は、個室でのんびりゆったり出来てとてもいいお部屋でした。まずは突き出しの胡麻豆腐

Dscn0915八寸、炊き合わせ、白和え、蛸酢

Dscn0920椀物

Dscn0921お刺身いろいろ

Dscn0923焼き物

この次の飛騨牛焼肉の写真を撮り忘れました

Dscn0925煮物

Dscn0927茶碗蒸、青海苔の餡がおいしかったDscn0929ブリしゃぶ

Dscn0930お鍋のお出汁でお雑炊、美味しい

デザートまでたっぷりの量を、庭の冬紅葉を見ながらいただいたら、ぺろりと食べられました

このあと、お風呂も自由に入れて、7000円のコース。

でもお風呂はやめて、デコルテのエステをして頂いたら、とても気持ちよくて、次の日の朝までは小顔になってました。

でもその後、すっかり元通り、たまに一回するぐらいではダメなんですね。

でも、小顔が半日しか持たないのはちょっと残念@@




















衣装選びとフレンチ




先日、娘がお色直しの衣装を見に行くというので、ノコノコ東京まで行ってきました。Dscn0855

今ってどんな色でもあり、という時代らしく、白と黒のドレスは一歩間違えると@@@

でもアパレル関係に方には人気なんだとか。

そういえば、オードリーヘップバーンの「マイフェアレディ」も白と黒のドレスで、

とっても素敵でしたよね。

この地方では、まだまだ親の意向が働きがちだけど、東京は何でも二人で決めるものらしく、他の方々はカップルで衣装選びに来られてました。

親がいるほうが違和感ありかもcoldsweats02

新郎予定の方々が、みんなそれぞれデジカメで新婦予定の方のドレスを、前から後ろから横から撮って、お二人で検討されている様子は、とてもほほえましくて、で、自分に当てはめると「考えられない~」なんだけど、ん?十年前に今のような感覚だったら、夫もそうしてくれたかもね。

とにかく、結婚式はエネルギーが要ります

でもこの日は、娘の決断の速さで衣装はとんとんと決まり、すぐ近くのフレンチで美味しいランチにありつけました。

Dscn0886銀座にあるマノワールダスティンというレストラン。

中は結構広くて満席。なかなか予約が取りにくいお店らしい。

ランチコースは、3,600円、4,800円、6,500円と3コース

私は真ん中の前菜2品、メイン1品とデザートをいただきました

Dscn0887_3まずはアンデスの岩塩に乗った無塩バター。Dscn0890_3アミューズ、豚の血の交った腸詰見た目に反して甘みがあってとても美味しかった

Dscn0895前菜1、写真がうまく取れてないけど、これがこのお店のスペシャリテ、人参のムースとコンソメのジュレ海胆添え、とってもナイスなお味

Dscn0901前菜2、トリップー牛肉の内臓をトマトで煮込んでモッツァレラチーズのニョッキの生地で包んでバジルソースをかけたもの、内臓の臭みがあるかと思ったけど、全くなくて美味しかった

Dscn0902メインディッシュは、鶏と?のテリーヌのようなものですが失念。Dscn0904_2デザートは、ココナツのムースDscn0903_6これもメインディッシュの一つで、このお店のスペシャリテ、豚足のポルト酒煮込み、インゲン添え。

銀座の真ん中でこのお味でこのお値段は素晴らしいと思います。

さすが東京はレベルが違いました。

天恩寺吟行

岡崎市郊外に天恩寺という古刹があります

先日俳句の忘年吟行会があって行って来ました。Dscn0808

このお寺は、1362年に足利尊氏の命を受けて三代足利義満が建立したお寺で、

境内には上の写真の左に写っている「徳川家康公見返りの大杉」があったり、

Dscn0818

仏殿(写真左)や現存する日本最古の薬医門(写真中松の陰になっている)は重要文化財に指定されていたり、珍しい石垣などがあって、見所満載。Dscn0819Dscn0822

見返りの大杉は、徳川家康が鳥居強右衛門の注進によって長篠の合戦に出陣したときにこのお寺に立ち寄ると、

延命菩薩が家康を呼びとめたのでふと振り返ると、武田の兵が矢を射ろうとするところだった。

寸でのことで家康は助かり、その後このお寺は篤く加護を受けたといわれている。

足利尊氏もこの地に立ち寄ったあと、戦に大勝したためにこのお寺を寄進したといわれている縁起のいいお寺。

薬医門をくぐると杉苔が見事でした。

薬医門前の苔庭実万両       ミモザ

師走の朝は

寝る時間がちょっと早くなると、朝のひと時に余裕が出来るんですね~、発見!!

我家はこんな時間はまだ夫は寝てるんです。

だから、クラシックを聴いて爽やかに(◎´∀`)ノ

朝からクラシックを聴くなんて滅多にないことだけど、今一番好きなキーシンのベートーヴェンの皇帝を。

Dscn0833

キーシンの音色はほっこり優しくて癒されます。

それに外連味がないからすんなり深奥に染み入ってくる感じが心地よい。

キーシンに心まあるくなる小春       ミモザ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »