無料ブログはココログ

« またまた久しぶりに | トップページ | フェルメールからのラブレター展 »

中国は

Dscn0272


Dscn0273


やはり発展途上の国なんだと実感した今回のツアー。

10年前にはなかったこんな高層ビル群。トイレに入ればTOTOの最新機器で、完全オートシャワートイレと手洗い。

Dscn0247かと思えば、この看板の裏のような瓦礫の一角。たぶんここもいずれビルに変貌するんでしょうけど。

でも前に来たときよりもこういう光景は確実に減っている。

そして、10年前に来たときは、町を歩いている人たちのギラギラ、ガツガツした感じが怖くもあったけれど、今度来てみて、街行く人が穏やかになった気がするのは気のせいだろうか。

ひょっとしたら、経済的に豊かになったことで人心も余裕が出来てきたのかも。

なんて、ちょっと上から目線かしら。

でも、中国の国柄、特に公安の権力にいろいろ悩まされたことを思うと、やはりまだ遅れている部分があるんだなあと、つくづく感じるもの。

上の写真の48階建てのトレードセンターで行われたレセプションでも、スマップ5人が挨拶に来るというサプライズを、TBSの駒田アナが現れて宣言したにもかかわらず、公安からストップがかかって、結局中居、木村の二人は会場に入れなかった、こととか、

コンサート会場も、公安の警備の都合で、観客席を島のように分けて、空間スポットを設けたり、A席を公安が占領したために、A席確約というオフィシャルツアーなのにB、C席までを使わなくてはならなくなったり、と日本では考えられないような公安の横暴さ。

国民主権に慣れた日本人には、奇異に移ることがいっぱいでした。

« またまた久しぶりに | トップページ | フェルメールからのラブレター展 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« またまた久しぶりに | トップページ | フェルメールからのラブレター展 »