無料ブログはココログ

« フェルメール「地理学者」 | トップページ | レンブラント展と茗園 »

二十日ぶりの更新で

すっかりブログをサボってました。

なんだか一日が暮れて行くのが早く、その割りに大したことができてない毎日。

六日に、今年の二月に亡くなった友人の供養に岡山県の津山に行って来て、それからずっとお盆やら、母の介護やら、カルチャーやらと慌しく、やっとちょっと落ち着きました。

津山は日帰りだったので、お参りを済ませてから駆け足で市内を駆け巡ったんですが、立派なお城跡の鶴山公園や、京都の仙洞御所を模して造られたという衆楽園、優れた洋楽者を輩出している町らしく洋楽資料館など、名所がたくさんあって、友人が存命中にゆっくり来たかったとつくづく思いました。

Dscn0073


Dscn0075


Dscn0064残念ながら、ちょうど津山城址、鶴山公園に行ったときにゲリラ雨で写真は取れませんでしたが、市内を見下ろす高台に平山城の石垣が、それはそれは立派で、森蘭丸ゆかりの森一族が18万余石だったのもうなずけます。

かつての写真を見ても威風堂々としたお城の様子がわかるのですが、それが明治維新で、廃仏毀釈や廃城令で取り壊されたというから、ビックリ!!!

今も残っていたら、素晴らしい文化遺産になったのに、と思うと、時の政治の気まぐれさに腹立たしくなります。

帰りに岡山駅の構内の吾妻鮨で、握り鮨を頂き、さわらの押し寿司をお土産に買って来ました。Dscn0080桃コース、8貫で1,050円。岡山駅で乗り換えに25分だったんですけど、時間的に空いていたので間に合いました。

ままかり寿司や祭り寿司、さわらの押し寿司など、お土産鮨も充実していて、ここは本当にお薦めです。


« フェルメール「地理学者」 | トップページ | レンブラント展と茗園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フェルメール「地理学者」 | トップページ | レンブラント展と茗園 »