無料ブログはココログ

« 京都レトロ旅行~ますや~ | トップページ | 夜中のポチッ »

京都レトロ旅行~美山町茅葺の里~

ついにカメラcameraが壊れましたweep

多分まだ騙してなら使えるかもしれません。でもとりあえず残っている写真をアップしたいと思います。

レトロというか大正ロマンの名残の宿、といえばとても聞こえがいい「ますや」さんを発ち、予定していた神護寺をパスして、タクシーはどんどん北上し南丹市美山町の茅葺の里へ。

ここは白川郷、福島の大内宿に次いで日本で3番目の茅葺集落の里とか。Dscn7419 北山杉に抱かれた茅葺屋根の民家は風情があって美しい光景です

Dscn7411 実際に人が住んで生活していることがまた素晴らしい

Dscn7412 立葵がおおらかに天に向かってのびています。その花蔭には農作業に勤しむ腰の曲ったおばあさんが。

とてものどかな景色に心が和みます。

農婦みな腰の曲れり立葵        ミモザ

Dscn7414 稲荷社の横に天然記念物の大橡の木が村人の平安を護ってくれているよう

大橡の広葉頼もし蝉時雨       ミモザ

その後、名残惜しい茅葺の里を後に、清滝川の川床料理の店「もみぢ家別館」へ

Dscn7436 吊り橋がかすかに揺れて、涼しさをさらに演出してくれます。

Dscn7434 北山杉を柱にした川床席

Dscn7426 Dscn7427 Dscn7431 Dscn7433 ここも蛍の名所清滝川沿い

夜は蛍を観賞しながらの食事だそう。

そして蛍の季節が終わると、舞妓さん遊びをしながらのコースに変わるんだとか。

さて、これがこの旅行の最後の食事。一体鮎のお命を何匹頂戴したんでしょう。

ありがとうございました、鮎さんたち。

鮎食べて鮎食べて鮎食べて峡の旅       ミモザ

さてその後、鳥獣戯画の高山寺へ

Dscn7439 Dscn7442 明恵上人が

あかあかや あかあかあかや あかあかや あかあかあかや あかあかの月、、、

と謳った石水院からの向山Dscn7437

そして最後化野念仏寺に立ち寄り、人間の悪行を水に流してくださるという六地蔵尊にお水をたっぷり掛け、身を清めて帰路に着きました。

京都はやっぱり見所いっぱいの魅力あるところだということを、改めて思い知った旅でした。

« 京都レトロ旅行~ますや~ | トップページ | 夜中のポチッ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都レトロ旅行~ますや~ | トップページ | 夜中のポチッ »