無料ブログはココログ

« 西尾まで(追記少々) | トップページ | あれから三ヶ月 »

夫婦岩

先日、賢島、鳥羽方面の一泊旅行に行ってきました。

郵貯の利息が旅行という、バブル時のよき時代の名残をとどめた最後の旅行でした。

総勢170人がバス5台に分乗して、雨の中を伊勢路へ。

まず二見が浦の夫婦岩Dscn7175 しっかりと縄で結ばれた岩

こんなに繋いでおかないと夫婦なんてすぐにバラバラになっちゃうという象徴でしょうね。

あまりに大きさが違うのも今の時代には違和感が。。

さしずめ今なら大きいほうが妻、小さいほうは夫と言った方がしっくりきますね。

Dscn7182 伊勢神宮で見つけた体長10センチほどのサンショウウオの子供のようなもの。

あまり早く泳ぐので、「写真撮りたいから停まって」と言ったら、ちゃんと停まってくれました。さすがに神苑の生き物は賢い。言葉もわかるのですwink

Dscn7186 内宮隣の、おかげ横丁の「赤福」でいただいた朔日餅の麦手餅と赤福。出来立てはやっぱり格別。美味しかったです。

翌日は鳥羽水族館へDscn7195 Dscn7201 Dscn7211 幼稚園児や小学生に交ってアシカショーも楽しんできました。

その後、ご一行は鳥羽からフェリーで伊良湖へ、そしてメロンのお土産をいただいて帰路に着きました。

私は残念ながら、。名古屋で午後から用事があったので、鳥羽から近鉄特急で帰ってきましたけど。

本当はフェリーに乗りたかったんですよね。だって、あの宇宙戦艦ヤマトの格納庫のシーンを撮ったフェリーだったんですよ(´Д⊂グスン

« 西尾まで(追記少々) | トップページ | あれから三ヶ月 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

朔日餅が戴けたのは、ラッキーでしたね。

本当に、巷ではなかなか買えない朔日餅がいただけてラッキーでした。
最近伊勢神宮が大好きです。
また帰って来られたら一緒に行きましょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西尾まで(追記少々) | トップページ | あれから三ヶ月 »