無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

ただの傍観者にはなりたくない

いつもお邪魔させて頂いている素敵なブログ、そのブログ主様の言葉に↑の言葉があって、とても共感しました。

今起きていることは、被災地の皆さんだけの問題じゃない、日本中が考えなくてはならない問題が山積していると思うんです。

だから、自分の身内に被災者がいなければいいとか、自分の子供の飲む水が大丈夫だったらいいとかいうレベルの問題ではない。

大変な思いをされている人も、今は大丈夫な人も、同じ気持ちで、今のこと、これからのことを考えていかないと、私達や未来の子供達に安全な生活は望めない。

そのことをわきまえて行動をして行こうと思います。

「ただの傍観者にはなりたくない」

Dscn6917 お彼岸の入りに農遊館で買ったチューリップとフリージア、10日経ってもまだまだ綺麗に咲いています。

自然の持つ生命力は素晴らしい、けれど私達が自然に対してひとたび傲慢になると牙をむき出す。

畏敬の念と共生を心がけていけば、きっと自然は私達の見方になってくれると思う。

頑張りましょう!!

冷えますね

Dscn6883 昨日やっと名古屋の桜が開花したというニュースを見ました。

でも5、6花咲いて開花と言うらしいので、まだほとんどは固い蕾。

すっかり開花するにはあと一週間ほどかかるとか。

今年は例年より寒さが長引いているんですね。

そのせいかわかりませんが、我が家の台所の主、八十代の母がついに起き上がれなくなってしまいました。

多分ぎっくり腰だと思います。

何しろ震災以降、節電してたので部屋が寒かったんじゃないか、と。

実際は暖房は床暖房とストーブで両方ともガスを使ってるんですが、床暖房は震災以来点けてなく、ストーブも温度設定を下げたりして、

少しでも被災地の方と気持ちを分かち合おうとしたのが、母にとってはきつかったんでしょう。

いつもは電気アンカを入れていたのに、今日部屋に行ったらそれも入れてなくて、冷たい足をしていたので可哀想になりました。

直ぐに電子レンジで温められるアンカをお布団に入れてあげたら喜んでましたけど、

以前は、そのアンカを使う?と聞いたら、電気のがあるからいいよと言っていたので、すっかり大丈夫と思ってたんですけど、母も自分だけぬくぬくしては申し訳ないと思ったんでしょうね。

そう考えると、被災地の体育館などで暮らしていらっしゃるお年よりはどんなに大変な思いをしておられるか、一日も早く暖かい季節になってほしいと思います。

我家の老猫がテレビの前に陣取るのも寒いからかしら?

Dscn6895 これは陽だまりの中の猫2匹。

季節はそろそろ猫の恋の季節。でもこの子達は全く無縁ですけど***

   好きと言へば好きと答へる猫の恋     ミモザ

それでも時は流れゆく

Dscn6897 ほかられっぱなしになっている鉢植えのムスカリがむくっと花芽をもたげて土から顔を出しました。

これはちょっと前の写真、今ではすっかり成長して咲いています。

Dscn6892 Dscn6893 これは今年買ったブルーベリーの苗からの花芽。上の花はナンだろう、自然に出てきたので、きっと以前に鉢の中で立派に咲いていたのでしょう。

Dscn6891 Dscn6890 そして我が家の椎茸。形も見目も麗しく立派に成長して、食卓を賑わしてくれます。

今は大変な状況の中、自然の営みは続いています。

きっといつか、日本もまた美しい風景を見せてくれるとことでしょう。

     ただ祈るほかに術なし紫木蓮       ミモザ

活性化に貢献?

今のところ、日常に支障のないこの地域。

活性化を図らないと経済が落ち込んでしまうのではないかと、せっせと外食に励んでおりますbleah

そして、その一割は募金貯金へ。

今日は父方のご先祖様のお彼岸参りで渥美半島まで行ってきました。

菜の花が咲き乱れる渥美半島の入り口田原市の道の駅メックンハウスの2階にある「もく」で食べた田原ポークのソースカツ丼。お肉が柔らかくて肉厚でとても美味しかったです。

そして夜は、母と私が最近すっかり嵌っている「スシロー」の回転寿司。

岡崎市は回転寿司の激戦地、その中でも評判のよいスシロー。

特に活性化なんて言わなくても、とても賑わっていました。

回転寿司が好きでない夫は初体験。

でも、ご飯が小さめでほの温かいのが良かったのか、文句はありませんでした。

そして最高にいいのが会計の優しいこと。

3人でたらふくいただいても、いつも行く江戸前鮨のお店の一人前にもならないですものね。

でも次にまた夫と行くかどうかは・・・??

何しろネタの好みが夫と私は全然違うので、一皿を二人で分け合うことが余り出来ないんですよね。残念@@

Dscn6862 これは地震後の菅生川河畔の葵桜。

今日通ったらすっかり満開を過ぎて少々葉桜になっていました。

Dscn6877 Dscn6869 土手に咲いていた水仙。ちょっと防毒マスクみたい?

枝野さんと「大いなるもの」

この非常事態に思うことの一つに、

菅総理はよくぞ枝野さんを官房長官に選任した、があります。

これがこの震災のちょっと前まで官房長官だった仙谷さんだったらと思うと、怖くなります(これは私の極めて個人的見解ですのでお許しください)。

枝野さんの原発に対する記者会見は、おそらく嘘はついていないだろうという安心感を国民に与えてくれるし、

この人が政府の中枢にいれば、日本はきっと立ち直るだろうという希望も持たせてくれる気がします。

私達はよく、艱難辛苦の状況に置かれたときに、「神様は超えられない苦難は与えない、だからきっと乗り越えられるよ」と言って、慰めたり慰められたりします。

確かにそうだと思える場面はよくあります。

今回の規模の大震災が、15年前の阪神大震災の時期に起きていたらどうだったでしょう。

その混乱は想像するだけでも恐ろしい。

救助活動にしても、被災を受けた方々の受け入れにしても、阪神の震災で経験し学習したことが、今回は大いに役立っていると思うし、

原発の事故にしても、チェルノブイリやスリーマイル島の事故の経験が、今のところ被害を最小限にとどめている気がします。

じゃあ、この大震災の経験は、この後どう活かしていけばいいのか?

これは本当に、慎重にいろんなことを踏まえて考えていくべき問題ですよね。

私達は、チェルノブイリやスリーマイル、遡れば広島・長崎の原爆の悲惨な経験をしたにも関わらず、敢えて原子力を使用するということで前に進んできました。

でも原爆投下はもちろんのこと、チェルノブイリ、スリーマイルの事故はどれも人間が引き起こしたものです。

今回の原発事故は、自然によってもたらされた大被害であるということ。

まずここを決して忘れてはいけないと思います。

それは、地球を大きな生命体と考えれば、人間もその地球を構成する一つの細胞に過ぎない、ということ。

その大元の地球が私達に教えてくれた警告を、決して侮ることなく、謙虚に受け止めなければ、もっともっと大変な状況になることを、私達は考えるところに来ていると思うのです。

前に言った「神様は・・・・」という神様というのは、実存する神様ではなくて、私達が決して見ることのできない、でも存在は確かに感じる「大いなるもの」。

その「大いなるもの」の存在が全てを決めているとしたら・・・・

枝野さんが官房長官に選ばれた、ということも含めて、そんな気がしてなりません、、、、

とまあ無理やり題とこじつけましたがbleah

今出来ることを

いつもの春より寒いけれど、今のところ穏やかな陽がさすこの地。

東北地方に比べたら寒いというレベルでは全然ないでしょう。

今この地にいて、私達に出来ることは、ただひたすら祈ることと義援金だけのような・・・

だから今日郵便局から日本赤十字社に振り込んできました。

額は、糸井さんのほぼ日に、自分が3日間雇われて支払われるであろう給金・・・という提案があったので、それに賛同して。

ただ私は悲しいかな生産性のないほぼ専業主婦。

大した収入はありませんが、やり繰りだけは頑張ってきたつもりなので、お金をひねり出すことは出来るはず。

これからも出来る限り節約して義援金の足しにしていこうと思います。

今日は久しぶりに、ランチに八十代の母を連れて、行ってきました。

普通に食卓を囲んで頂けることだけでも感謝ですが、母が毎日のニュース報道で気がめいっているようなので、何とか気持ちをアップしてもらいたくて。

度々行ったことがある地元のすし懐石が美味しいお店。

とても安くてお値打ちなお店なのでいつもは満員なんだけど、今日は3組7人だけ。

皆さん自粛しているんでしょうか。

私もどうかなとは思ったんですが、余裕貯金をしようと決めて行きました。

すなわち、贅沢をしたと思ったらその一割を義援金貯金に回そうと。

だから、今日の貯金額は、鮨会席セット1,380円×2=2,760円の1割で約280円を貯金へ、ということ。

それをお店の大将に行ったら、とても喜んで、

今直ぐにでも被災地に飛んでボランティアをしたいけど、行けば却って迷惑になるだろうから、

それならこちらで経済的支援が出来るようにお店を続けようと思われたって。

今夫々が出来ることを、出来る形でするしかないものね。

さあ、また頑張りましょう!!

頑張れ!! 日本  NIPPON 

http://www.youtube.com/watch?v=5tHz-_-OIFY

http://www.youtube.com/watch?v=J27EAg0_G5c&feature=related

私は日本人であることをこんなに誇りに思えたことはありません。

日本は必ずまた起ち上がるでしょう!

祈り

時間の経過とともに、あまりの被害の甚大さに言葉もありません。

ただただ胸が痛みます。

被害にあわれた方々、犠牲になって今までの生活を瞬時にもぎ取られてしまった方々の無念と悲しさを思うと、

今までと同じ日常を過ごさせていただけることに、大いなる感謝と有難さで胸が一杯になります。

海外の多くの国の方々が手を差し伸べてくださることにも、心からの感謝を申し上げます。

このようなときに、私達に何が出来るのか、しなければいけないのかをしっかり見極めて考えて暮らしていこうと思います。

マグニチュード9.0という未曾有の地震が今のこの世の中に起きたということ。

それは単なる偶然ではないような気がします。

原子力発電を当たり前のように受け入れ、それに甘んじて電気の使い放題。

家族が一人ひとり部屋を持ち、テレビも電話も個人で所有することに何の違和感も感じない生活。

子供の頃には考えられなかったほどに進んだ文明。

巨大化したものは必ず滅びると言われてきました。

今の文明がまさに巨大化したものではないでしょうか。

今こういう事態になって、私達は今一度この生活を見直し、

未来の子供達にこの青い地球を渡すバトンを繋がなければ、

犠牲になった方々や被害にあわれた方々に申し訳ない気がします。

どうぞ被害が最小限にとどまりますように、心からお祈りいたします。

大変な地震が

夕方出先のお店で、ご主人がラジオを聴きながら、これは日本ももう終わりだ~とおっしゃってるのを聞いて、何を大げさなことをと思いながら家に帰ってテレビを見てびっくりしました。

大変な地震が起きていたんですね。

この2日ほど東北で地震が起きているのをニュースで知ってはいましたが、それがこんなに大きな地震に繋がるとは・・・

娘と長男からも電話が入り、東京も大揺れで、娘の職場から浦安のコンビナートの火災が見えて、タンクが崩れ落ちたのが見えたとか。

24階にいるのにもちろんエレベーターも使えないとかで、、、、

長男の方は隣のビルの壁が崩れたとか、そんなことを話している間にも揺れが来ていると。

交通状況も悪いみたいだし、想像以上の被害みたいで本当に心配です。

東京でもこんな状況なのですから、震源地近くの方々の不安は想像を絶するものだと思います。

被害が広がりませんように祈るばかりです。

英国王のスピーチ

今日は英国王のスピーチを名演小劇場に観に行って来ました。

Dscn6850

昼12時過ぎの回は、開演30分前に着いた時に100番目の札、会場は105名とあったのでぎりぎりセーフでした。

その次の回も満席で、さすがアカデミー賞4部門獲得の話題作ぶりでした。

内容は今のエリザベス女王の父君ジョージ六世の実話に基づいた話。

シンプソン婦人との愛を貫くために国王の座を降りた兄エドワードに代わり、国王に付かざる終えなくなった弟のジョージ六世は、幼少時からのトラウマで吃音に悩まされ、民衆の前での演説は大の苦手だった。

それを克服するために妻が探してきたセラピストは、資格もないスピーチ矯正家ローグ。

ローグは治療に際し、国王という身分をあえて捨てさせ、対等な立場で治療を試みる。

最初は抵抗していた王も、徐々に心を開き、心のうちにある鬱屈した思いを友達に吐き出すようにローグに吐露し、ついに、ドイツに宣戦布告した英国の国民を納得させる国王演説を、説得力あるスピーチで成功させる。

とにかくジョージ六世のコリン・ファース、セラピストのジェフリー・ラッシュと妻エリザベスのヘレナ・ボナム・カーターの3人の演技が素晴らしかった。

最後の国王の演説は、初め訥々ながら、ずんずん民衆を引き込み、いつしか観客は民衆の一員になったかのように国王を応援し、テンションも揚がっていく。

そのへんがこの映画の人気の所以なんでしょうね。

ストーリー自体はは特に目新しいものではないと思うんだけど。。。。

ジェフリー・ラッシュがかつて「シャイン」で精神を病んだピアニスト・ヘルフゴットを演じた俳優だと思うと、時たま「シャイン」を思い出すし。

天才数学者ナッシュを描いた「ビューティフルマインド」という映画もあったと思うの。

まあ、私的にはこの手のストーリーは大好きだからとても満足でした。

さて、映画を気を入れて観てすっかりお腹が空きました。

お昼のランチタイムが過ぎてしまった時間。行くのはやはりミッドランド。

でも今回は、すし清の隣の韓国料理「妻家房」

ここもランチタイムの時間制限なしのお店。

Dscn6851 今日は夜の部で「早乙女太一ショー」の招待券を貰っていたので、夜が遅くなることを見越して、海鮮焼きとスンドゥヴチゲのセットにしました。

映画と舞台のはしごは初めてでしたが、早乙女太一君のショーは踊りがメインの気楽なもので楽しめました。

それにしても早乙女太一君、綺麗だったなあlovely

    春宵の早乙女太一てふ女形       ミモザ

大紅栄とすし清と

ちょっと前のNHKクローズアップ現代で取り上げられていた「大紅栄」という林檎を取り寄せてみました。

Dscn6841 大紅栄は青森の林檎農家の工藤さんという方が開発した大型林檎で、無袋、高温でもよく着色し果梗が短く丈夫で台風でも落ちにくいという優れものの林檎。

それが、春節に林檎を食べるとその年の健康が約束されるという中国で人気となり、一個2,500円の高値で売られているんだそう。

ミーハー家としては早速食べねばと、翌日名古屋の松坂屋レモンに行って聞いてみたら売られていないとの事。

それならばとネットで調べたら、、、、ありました。

今は旬の時期ではないので保存されていたものらしいけど、12個入りで4,500円也。

お味は、津軽とフジと紅玉をで割ったような、、、、、まあ美味しかったけれど、特にこの林檎でなければとというほどのものではないかな@@

今年の新ものは9月から販売らしいので、そのときに再度チャレンジしてみたいと思います。

Dscn6834 そして、これは名古屋駅ミッドランドのすし清の季節限定お寿司、季節の旬のものを取り入れた・・この写真でいうと手前のやり烏賊にすし飯をつめたもの・・コストパフォーマンスの素晴らしいセット。

このおすしにサラダ(ランチのとき、夜はデザートに替わる)、茶碗蒸し、赤出汁が付いて1,890円也。

夜も同じお値段なのが嬉しい。

だから他のお店に行こうと思っても、ついついこちらに足が向いてしまいますね~run

ミッドランドには41階にお高い(お値段も景色も)お鮨屋さんがあって、一度だけ行ったことがありますが、確かに赤米を使ったりとか、%&’の特別な素材ですとか薀蓄を言われて出してくださるのは嬉しいんですけど、お会計のときに嬉しくなくなってしまうのが、主婦としては辛いものがありますね。

そういう点で、すし清は今のところ夜の一押しの友人との食事処です(◎´∀`)ノ

ついでにもう一つ。

Dscn6837

これはナンでしょう??

ちょっと写真の撮り方が良くなくて@@@ですけど、堂島ロールでごじゃります。

すし清でいただいた後エスカレーターで地階まで来ると、いつもは長い列の堂島ロール、

それが夜8時頃には閉店間際で誰も並んでいません。

それなら買うしかないでしょうと、勇んで買ってきましたが、悲しいかな若者の居ない我が家。

誰も飛びついて食べてはくれず、一人寂しくいただきましたとさ、チャンチャンgood

春がそこまで

春とは名ばかり、寒い日が続いています。

それでも春は確かにやって来て、、、

Dscn6832 これは岡崎竜美丘会館裏の植えられた約80本の葵桜。

もともとはこの近くに住む三橋さんという女性が、菅生川河畔が余りに殺風景なのを憂いて、静岡の河津桜の苗を植えようという運動を始められ、それに賛同した市民がそれぞれの苗を自分達で管理するという形で始まりました。

あれから10数年、すっかり桜は根付き、今では一番咲きの桜として、この時期多くの見物人が来られるようになりました。

Dscn6833 まだ一分咲き、あと一週間くらいで見ごろかしら。

Dscn6830 これは、春を感じて作ってみた生ハムのパスタ。

トンデンファームの生ハムが手に入ったので、春野菜とあわせてみました。

ディ・テェコのNo12、1.9mmのスパゲッティを使ったんですが、アーリオオーリオ系の味付けには太すぎました。少し細いスパかフェディーニくらいで作ったほうが良かったですね。

トンデンファームの生ハムはさすがの美味しさ。塩加減が程よくてハムの塩分を差し引いて味付けをするという心配をしなくていいのが素晴らしい。

再挑戦してみます、気が向いたらbleah

Dscn6798 そしてこれは前にアップした椎茸栽培。

収穫できました。形はイマイチですけど、とても柔らかくて美味しい。

お料理はもっぱら鉄板焼で、、、

弥生です!

今日から3月。もう今年の6分の一が過ぎてしまいました。早すぎっ!!

明後日は桃の節句、だからというわけではありませんが、日曜日中馬のお雛さまに行ってきました。

8年前に行った時より認知度が上がったせいかとても賑わっていました。

Dscn6809 毎年恒例の岡崎在住の柄沢照文さんのポスター、土雛を彷彿とさせて

Rscn6827 大正時代のお雛様、時代を経ている割に着物はいい色を遺しています

Dscn6806 Dscn6807 Dscn6808 素敵にディスプレイされたお宅。Rscn6828 青竹で作られた竹雛。これは800円で売られていました。049 代々のお雛様を並べて・・

Rscn6826 お雛様見物もそこそこ、花より団子ならぬ雛より草餅

炭火でほっこり焼かれた草もちの美味しかったこと

そして、今日の大本命はこれ

Dscn6822 Dscn6821 Dscn6823 足助といえば有名な川安のうなぎ。

12時半にお店に行ったら、予約表の最後の4人にぎりぎり書き込むことが出来て、1時半やっと美味しいうなぎにありつけました。

夫の長焼定食、ご飯を大盛りで頼んだら丼山盛りのご飯が!!(゚ロ゚屮)屮

上丼もうなぎ4切れにご飯の中にも1切れ埋もれていて1,500円也。

都会では考えられないお値段にびっくり。

炭でこんがり焼かれたうなぎは絶品でした。ご馳走様~

追加; 大好きな書店、マンリン書店の写真を忘れていました。

ここは品揃えがユニークで、地元密着の書籍やライフスタイルを考える書籍が充実していたり、奥には蔵を利用したおしゃれなカフェがあって素敵な空間。

そして横の路地も人のいないときに静かに歩いてみたくなる情緒溢れる小道です。

今回は残念ながら食い気が先でパスしましたけどhappy02

Dscn6816 Dscn6819

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »