無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

胃腸風邪?

月曜日の夕方から胃が気持ち悪くなって、どうやらこの近辺では胃腸風邪が流行ってるらしいとの情報を得て、すっかり胃腸風邪になっておりました。

火曜日には熱も37、9℃まで行き、平熱が35℃前半の身には堪えました。

で、やっと昨日から日常が戻って、確定申告をしたり美容院へ行ったり・・・

でもお蔭で久しぶりに本が読めました。

Dscn6792 これです。例の斉藤智裕著「KAGEROU」

読みやすくて面白かった。自殺願望の人の、命を助けるという形でなく、心の救済をしつつ肉体を滅ぼす、という視点が興味深くてずんずん先が読みたくなりました。

でも、最後の〆がちょっと甘いかな。

臓器移植コーディネーター?のキョウヤへの最後の移植場面をもうちょっとエキセントリックに描けていたら、最後まで面白かったかもしれないけれど、やはり第一作だし、井坂幸太郎の域までにはまだ遠いでしょうか。

でも次回作に期待したいし、これを映像化するならどの俳優で・・・という興味もわきましたhappy01

Dscn6769 これは、娘が法事で帰ったときに買ってきてくれた「フランス菓子界の至宝」といわれているミシェルブランのケーキ。

名古屋高島屋限定で売られているらしい。でも実際にはミシェルブランがいつも来名しているわけでなく、と思いましたが美味しかったです。

特にシュークリームは、今まで食べたシュークリームの中でもトップに位置するかもでしたね。

このケーキ、土曜日に食べられて良かった。月曜日以降だったら、どんなに美味しくてもちょっと悲しい気分だったでしょうね。

三寒四温

もう春がそこまでやってきていると感じられる今日の暖かさ。

三寒四温を実感できますね。

この前、父の法事で行ったお寺、柴田勝家の祖父が建立したお寺だそうで、でも近くに柴田勝家を祭っているお寺があってそちらには大河ドラマのゆかりのお寺としてNHKの取材があったそう。

もともとはこちらが本家かもしれないのに、とおっしゃってご住職さんがちょっと残念そうでした。Dscn6767 Dscn6768 創建500年碑

由緒あるお寺なんですね。

夜はミヤタでフレンチrestaurant

Dscn6771 口取りのオリーブとチーズ味のパイ、塩味が程よくて美味しかった

Dscn6778 前菜の牡蠣のエスカベッシュ、フランス版牡蠣の南蛮漬けというところ

Dscn6779 同じく前菜で、ホタテとズッキーニのグリル、みかんとグリーンピースのソース

Dscn6780 ミヤタの定番の前菜、絹傘茸とスモークサーモン、グレープフルーツのサラダ

Dscn6783 ポトフ、山葵の味を隠し味に、

美味しかったけれど、ビストロっぽいお料理だよね

Dscn6784 牛ほほ肉のワインソース煮

最近お肉の下にマッシュポテトを敷くのが流行かしら?それとも前からそうだった?

Dscn6786 りんごのクレームビュルレ、紅茶のアイス

Dscn6787 これもデザートの一種でチーズの盛り合わせ。とても美味しいゐチーズばかりだったけれど、お腹いっぱいだったので十分楽しめなかった、残念

ミヤタもオープン当初より、お料理の選択の余地が狭まってきている。

今回ハーフコースにしたんだけれど、基本料金で食べられるのは、お魚一品と、肉料理一品のみ。

定番の絹傘茸の前菜も+200円になっていたから、ちょっとびっくり。

まあ不況でどこもお客さんの入りが芳しくない今の状況だったら、致し方ないかもしれないし、サービス料もないんだから、お安いといえば本当にお安いんだけどね。

衝動的行動は木の芽時だから?

春が近づいてくると、衝動的に庭仕事をしたくなるのは何故かしら?

でもちっとも気持ちが長続きしないから、相変わらず我が家の庭は殺風景のままだけど@@

で、今年も生協のお当番の今月、衝動的に苗を買ってしまったのが一週間前。今日やっと、ブルーベリーとアスパラの苗を植えました。

そして、な、なんとシイタケ栽培キットを生協で注文したものが、それも今日届いたのです。

そこで早速セットしてみました。Dscn6756 Dscn6758 食べられるまでに2週間ほど掛かるそうで、それまでなんとか頑張って収穫したいと思います。

2週間後にここで何の報告もなかったら、しいたけは昇天したと思ってください(。>0<。)

今日はお習字の日、その後久しぶりに友人とランチで隆盛に行ってきました。

相変わらずここの坦々麺は美味しい。Dscn6754 Dscn6755 大根と青梗菜の煮込みとこれも絶品の杏仁豆腐、ライスがついて950円也

Dscn6759 Dscn6761 そして、このチョコレートは、友人が東京の大丸で買ってきてくれたバレンタインチョコ。

今の時期、大丸でしか売ってないとかって、友は言うんだけれど、でも裏を見たら「キースマンハッタン」とあるから、、、、どうなんでしょう?

でも、そんなことは置いといて、とてもかわいい絵柄のチョコ、食べるのがもったいないほど。しばらく鑑賞させていただいてから、有難くいただきます。

ありがとう~heart04

結婚式はいいな

一昨日、甥の結婚式がマリオットホテルであって行ってきました。

シックで落ち着いたインテリアのゆったりした部屋で、暖かいとても雰囲気の良い結婚式でした。

結婚式の披露宴て、やはり二人の人柄が現れるみたいですね。

なんだか末っ子同士の二人のおっとりとした感じが伝わって、ほのぼのとしてとても素敵でした。

Dscn6687 Dscn6692 Dscn6744 Dscn6716 Dscn6694 Dscn6697 Dscn6721 内掛けのときは和食、ウエディングドレスのときは洋食と、和洋折衷のお料理をお腹いっぱいいただいて、久しぶりに楽しい時間を過ごしてきました。

M君A子さんおめでとうheart04

雪の朝

昨日は朝起きてびっくり。庭はすっかり雪景色snow

音もなく降り続く雪は心を穏やかにします。Dscn6666_3

こんな日は家で自分をじっくり見つめてみたりして、、、、

凛として生くるは難しはだら雪        ミモザ

な~んちゃってねbleah

そんな雪になる前夜、久しぶりに「さくら」へ行ってきました。

まあ何とかなるだろうと高をくくって、直前に名前を名乗らずに予約を入れたら、あっさり満席ですと断られよもやの敗退。

と思ったら、友人が「名前を言わないから、こんな時間から誰ともわからないお客を入れるのは嫌で断られたのよ」とのご託宣。

それならと友人が再度名乗って予約を入れたら、まあナンとびっくり「テーブル席でよかったら」とあっさり予約が取れました、とさw(゚o゚)w

人生、この年になっても勉強になります(^-^;

今年初のさくらの夜の懐石はいかがでしょう、と思ったら案の定素晴らしかった。

Dscn6655 春らしく装われた八寸

筍の木の芽和えや芽キャベツの明太子射こみ揚げ、せりの味噌和え、などどれをいただいても作り手の思いが伝わってきて感動です。この八寸こそがさくらの真骨頂だと思います。

Dscn6656 蛤の真薯

Dscn6658 さよりと平目、縁側

Dscn6660 定番のさわらの有庵焼、山椒が効いている

Dscn6662 鱈と白子のみぞれ鍋。これは今までいただいたことがなかった一品。冬の名残を感じさせて素敵

Dscn6663 さくらの心意気が感じられる創作料理。マッシュした馬鈴薯に白魚、菜花、トマトソースが得もいわれず美味しかったheart01

Dscn6664 ご飯はもずくの雑炊。これも本当に美味しくて、、、

Dscn6665 バレンタインを意識してか、チョコのムースをメインのデザート。

これに最後の〆の冷やし汁粉が出て、4,200円也ですもの。

本当にご主人の姿勢にいつも頭が下がります。

ご馳走さま~(◎´∀`)ノ

花のコラボ

この前、友人のカフェでやっているプリザーブドフラワーとパステルアートのコラボ展に行ってきました。

Dscn6647 Dscn6646 Dscn6649 Dscn6648

外はまだ寒いのに、この場所だけはすっかり春めいてほっこり暖かい。

Dscn6650 カフェのオーナーはギターの先生もしていて、ママはロック好きで、っていうとてもポップな方たち。

そんな素敵な空間でランチもいただいて来ました。

Dscn6651 Dscn6652 Dscn6653 どれもとても美味しかった。

ご馳走さま~(o^-^o)

Cafe Jouer; 岡崎市明大寺町

     Tel ; 0564-65-3434

笹戸温泉紫翠閣とうふや

昨日は新車になった記念に、母を連れて愛知県最古の温泉といわれている笹戸温泉の「紫翠閣とうふや」に行ってきました。

笹戸温泉は猿投グリーンロード枝下インターから30分ほど、矢作川沿いのひなびた温泉で、泉質は透明、ちょっとぬるっとした優しい湯で、家に帰ってもまだ体がホカホカしているくらい温まって、とても気持ち良い温泉でした。Dscn6634 Dscn6637 旅館の直ぐ脇を流れる矢作川では、盛んに釣りをしている人が・・・仲居さんによると、「はよ」という魚が釣れるらしい。

温泉に入ったあとは、ネットのじゃらんで頼んだ日帰りの部屋でいただく食事コース5,250円也の食事。

Dscn6639 Dscn6640 Dscn6641 小原村で有名な柴田豆腐店の3色冷奴や、ところてんの胡麻タレ酢が美味しかった。鍋物は2種類、猪鍋と豚の朴葉味噌焼。

Dscn6643 Dscn6644 Dscn6645 お魚はアマゴ、〇十年ぶりにアマゴを食べた気がするけど、鮎とはまた違ってほんのりピンクの身がとても美味しかった。

食事は全体に良かったけれど、なにか一つずつ物足りない感じ。多分ちょっとした料理への心配りが足りないのではないかなと、ふと思ってしまいました。

それは入浴にも感じたの。一応5,000円以上出して3時間ほどの部屋借りでお風呂に入るんだから、バスタオルくらい用意して欲しかった。タオルもとても小さくて、バスタオルを持っていかなかったから、なんだか体を拭くにも直ぐにべたべたで。

今までの経験だと、このレベルの温泉ならバスタオルは常備よね。

安いスーパー銭湯じゃないんだから。

ネットで調べたら、お風呂にはタオル、シャワーキャップ、石鹸等・・・常備って書かれてたから油断しちゃったわ。

それでも結構お客さんは来ていた、お孫さんを連れた一家とか、若いカップルとか。

とうふやのHPを見ると、1,260円と1,890円の食事+部屋代1,000円というのもあるみたいで、それでも良かったかもね。

但しバスタオルとタオル持参でwink

ベンジェロン焼

タイの陶磁器の一つベンジェロン焼のお店に。

ここも日本人が経営されているとのことで、日本人が好きそうなものがたくさんありました。Dscn6514 一つ一つ手描きで模様を書いていく様を見ていると気が遠くなりそう。下絵はなくて直接書き込んでいくのだとか。すごい!Dscn6633 で、こちらを買ってきました。

もっと複雑で西洋的な模様のもありましたが、こちらは割りと単彩で描かれたもの

見ているだけでも楽しくなります。

ベンジェロン焼はサンスクリット語で五彩という意味で400年の伝統のある宮廷で使われていた高価な焼物だったとか。

今では庶民の私でも買えるとは嬉しいhappy01

まだバンコクは続きます

タイと言えばやはりタイ式マッサージ。これが今回の楽しみの一つでもあった訳で・・・

もちろん行きました、それもほぼ毎日。

友人が連れて行ってくれたところは、日本人が経営されているとかで綺麗で安い。

何しろ、90分で500バーツほど、日本円に直すと約1,500円、日本でこのお値段だと怪しいとなるところですが、技術も部屋も快適でした。Dscn6598 待合室、ここでハーブティーを頂いて。

で、ランチはイタリアンを。

Dscn6468 食べ放題のオードブルバー。盛り付けがうまくないので分かりにくいけれど、どれもしっかりした味で美味しかったDscn6469 Dscn6470 Dscn6471パスタ2種類、メイン2種類くらいから一品を選ぶ Dscn6472 Dscn6473 Dscn6474 このコースで約400バーツ、1200円くらいかな。おそらくタイの大方の人たちにとっては高いお値段でも、日本人や西欧人にはとても安くて美味しいと思われるでしょうね

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »