無料ブログはココログ

« バンコクへ | トップページ | 菩提樹の中の仏頭 »

微笑みの国

バンコクから帰って、やっと日常が戻ってきました。

今日は朝から申告の準備などバタバタと。いつもこの時期の恒例で・・・

ところで、タイは「微笑みの国」と呼ばれているんですね。

道理で、会う人々はみんな優しそうで、どんな混んでる道路事情でも、

アクセクしないで譲り合いと上手な割り込みの精神で切り抜けていく。

これが日本だったら・・・最近は大分よくなったけれど、でもクラクションが鳴ったり、怒鳴られたり。それを交すためなのかハザードランプでお礼の気持ちを表したり・・・・ね。

実際ハザードのお礼はかえって危ないと感じるときも。

でもタイではハザードもなく当たり前のように割り込みを入れてあげる。

阿吽の呼吸のように。

そんな訳で、この国はかなり人柄の良い国柄と感じたけど、実際はどうなんでしょうか?!

それは信仰心のある国民性だからでしょうか。

息子曰く「心に信じるものを持っている国民性のある国は必ず発展する」と!!

バンコク中心部から3~40分のところにあるアユタヤ遺跡群の中のワット・ヤイ・・チャイ・モンコン

Dscn6397 Dscn6393 20バーツで蓮の花を貰うと金箔もついてきて仏像に貼る習わしらしい

Dscn6395 なんとも優しげな表情の黄金の仏像

Dscn6394

Dscn6402 Dscn6403 Dscn6409 

一旦アップ~

« バンコクへ | トップページ | 菩提樹の中の仏頭 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

タイの仏様の顔が何ともチャーミングなのには驚きました。日本の弥勒菩薩様のお顔は端正でしたね。年を取りどちらも良いと思える様になりました。^0^帰国したら往年の仏女に帰り古都を食べ歩きたいものです。

仏女になって食べ歩き、いいですね。
そのときは私も誘ってね(゚▽゚*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バンコクへ | トップページ | 菩提樹の中の仏頭 »