無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

美味しいものは

金曜日、滝山寺、真福寺を吟行、というか吟行下見のためにたっぷりの時間を割いて見学したお蔭で、ランチのために1時に予約してあったミヤタ到着が1時半過ぎになってしまいました。

幸いミヤタのL.O.は2時なので、なんとか美味しくありつけました。

一緒に行った方々は皆さん70代半ばくらい。フレンチはどうかなと思ったんだけど、全くの杞憂。私以上にパクパク。自家製パンが美味しいと2個をペロッと召し上がられ、さらに家に買っていかれました。

元気だったら、年齢に関係なく美味しいものは美味しくペロッといただけるのね。

お元気な人生の先輩を見ていると、年を重ねることも悪くないと思えるから嬉しい。

とにかく皆さんに喜んでいただけてよかった。

Dscn6194 デミタスに入ったサツマイモのポタージュ、しっかりした味で少量ながら満足

Dscn6195 次郎柿と生ハムのオードブル、みかんとカシスのソースが珍しい

Dscn6196 絹姫サーモンとグレープフルーツのサラダ風

Dscn6197 鶏のカリカリ焼き、皮が香ばしくて美味しかった

Dscn6198 自家製プリン

Dscn6199 レモンムースとオレンジシャーベット

Dscn6200 三色シャーベットの盛り合わせ

ミヤタ; 岡崎市緑ヶ丘2-10-8

     0564-55-1288     

   

ついでに真福寺で見た盆栽展の作品

Dscn6192 樹齢350年の「竜神」という銘の松。20年前に2千万円ですってsad

Dscn6187 樹齢180年のかりん、1千万円とか。

真福寺、筍料理でどれだけ・・・・・・・以下略bleah

「かりん」とは借りんに通ず冬ぬくし      ミモザ

紅葉が盛り

金曜日、遠方の俳句のお仲間を案内して、滝山寺、真福寺へ行ってきました。

ちょうど紅葉が見ごろで、坂道を歩いていると木の実が降ってきて、カラカラと音を立てて石段に落ちる様は句心を掻き立ててくれるんだけど・・・なかなか句には繋がりませんcoldsweats02

Dscn6176 Dscn6177 滝山寺三門、この三門の逆さ垂木は有名で、飛騨の匠が垂木を一本逆さに組んだことを悲観して、この三門の屋根から飛び降りて自刃したとか。門の前には匠の墓がある。

木の実降る飛騨の匠の自刃墓      ミモザ

三門に添ふ自刃墓枯茗荷         ミモザ

ちょうどこの日、安城のシルバーカレッジの歴史グループが見学に来ていて、本堂、滝山東照宮の拝殿など、普段見られないところも一緒に見せてくださってラッキーだった。

Dscn6181 Dscn6178

滝山寺本堂は鎌倉時代の建立。滝山東照宮は日本三大東照宮の一つ。

街はクリスマス

気持ちは全くついていけてないけど、巷ではとっくにクリスマスモードになってるようで。

先日名古屋の松坂屋へ久しぶりに行ったら、南館のロビーでスワロフスキー・フェアーをやっていて、一角に大きくてとてもきれいなスワロフスキー製のツリーが飾られていました。Dscn6175

ツリーも年々装いを変えて、今年はシンプルゴージャス?

そういえば昨日行ったミッドランドスクエアの地階のツリーもこれとそっくりだったなあ。

確認はしなかったけれどスワロフスキー製かも。ミッドランドにお店があるからxmas

この日はお昼に「魯庵」の予約を入れていて、それが1時半しか空いてなくて、松坂屋でウインドウショッピング、その後ランチ、また松坂屋という慌しさ。

でも念願の魯庵へ行けてよかったhappy01

魯庵はもともと多治見にあったものが、2008年に全焼し、去年名古屋に移ってオープンしたらしい。

カウンター10席と奥に10人くらい入れる部屋があるだけのこじんまりしたお店。

でもワインセラーがでんと壁の一面にあって充実していそうだったbar

Dscn6166 燻製した生肉のタルタル、生ハム、モッツァレラ、フォワグラをパートシュクレ?で包んだもの

Dscn6169 真鯛の蒸したものに2種類のソース

Dscn6170 鶏の洋風照り焼き風?野菜のさっと蒸し

このお野菜はカウンターに飾ってあったDscn6164

Dscn6171 むかご飯に蟹そぼろ。最初にパンも付くから、パンを控えないとお腹がきつい。

Dscn6173 柿のジュレにブラック無花果、ざくろ、パイナップルなど。美味しかった。

Dscn6174 お店は、HNKを道2本分北へ行ったところだけれど、気をつけてないと通り過ぎてしまうほど、ひっそりとしていて隠れ家的。とても感じのよいお店で美味しくいただきました。

魯庵; 名古屋市東区東桜1-3-22ヴィアーレアルベルゴ1F

     052-253-6544

鯖寿司に挑戦

昨日近所のスーパーに買い物に行ったら、丸々と太った鯖がでんと氷の上に居座っていました。

我が家の冷凍庫には、中日ドラゴンズ優勝セールで一本10円で買った秋刀魚が5本、まだそのままあるし、知り合いから送られた北海道の干物(なぜか秋刀魚も含む)もあるし、なのに鯖を見たらつい買ってしまった。

本当は豚しゃぶをしようと、豚肉を買いに行ったのに、お肉売り場の前にある魚屋さんに引っかかって、どうしても通り抜けれないwobbly

というわけで、鯖を一本1260円で買い上げ、半身を塩づけ、残りを三枚におろしてもらっておいて、今日の夕方もらいに行ってきました。

夫は鯖が好きと言いつつ、家で食べることを余り喜ばないので困ったと思って、考え付いたのが鯖寿司。

悪戦苦闘しながら握ってみたら、意外に好評で一安心。

Dscn6150 Dscn6153 寿司飯をかなり使ったつもりだったけれど、鯖が肉厚だった分、もっとご飯の量が多くてもよかったかな。

サランラップをつけたまま切ったので、そのまま盛り付けちゃったbleah

もし次回に作ることがあるならば?!、ご飯を多くしてもっとぎゅっと〆て握って、しばらく置いておくといいかも。

多分次回はないだろうけど・・・でも、魚屋さんで塩で〆てもらえば、後は酢に漬けて握るだけなので、簡単と言えば本当に簡単。

今さらだけど「御所坊」の食事

先月行った有馬温泉の御所坊。

お部屋や旅館の雰囲気も良かったけれど、食事も美味しかった。

量もほどほどで・・・

Dscn5907 秋の彩の八寸

Dscn5908 刺身

Dscn5909 松茸の土瓶蒸、鱧も入って

Dscn5910 Dscn5911 太刀魚のステーキ風にバルサミコソースだったか?

Dscn5912 但馬牛、ポン酢をつけて

Dscn5913

朝食のくみ出し豆腐が良かった

Dscn5917 Dscn5918 最近は以前の旅館料理のような量でこけおどしということがなくて、心地よい満腹感がうれしいhappy01

素敵なカフェ

Dscn6141 Dscn6134 マドカフェ、という素敵なカフェに行って来ました。

ここは朝からやってるらしいけど、お勧めは限定15食のカフェランチrestaurant

事前に電話をしておくと取り置きをしておいて下さるけど、席の予約は出来ない。

で、12時半過ぎに行ったら2組が待っていて、少し車の中で待っていたら、お店の方が携帯に電話を下さって、そんなに待たずに席につけました。

入り口を入って右側の席は、素朴なアーリーアメリカン調のこじんまりした設えで素敵。

Dscn6136 Dscn6135

食事はいかにも無農薬野菜を使った手作りのプレートランチで、どれもとても美味しくいただきました。

Dscn6137 Dscn6138 Dscn6140 アイスクリームは柚子と生姜入り。

マドカフェ; 岡崎市井内町下堤43-1

       0564-47-8051

       8:30~18:00 木曜休み

閑話休題 お絵かき

先月の第2回目のお絵かき教室を旅行でお休みしたので、今回は実質2回目のお絵かき。

毛糸玉を描く、というテーマで、前と右の毛糸玉は先生のお宅で描いて、先生の添削が入っているんだけれど、

後ろの毛糸玉は、家で夜間の照明で描いたので、ちょっと雰囲気が違ってしまったかな。Dscn6129

北野ホテル

名前は聞いたことがあったけど、こんなに素敵なホテルだとは思っていなかった北野ホテルhotel

TOAロードという神戸の人気スポットのある小さなホテル。

でも一歩足を踏み入れると、いかにも神戸らしいインテリアと雰囲気に心の中でちょっとした雄たけびがhappy01

Dscn6034

Dscn5930

Dscn5944 爽やかなグリーンで統一されたインテリア

Dscn5945 こちらは赤で統一された温かい感じの部屋

全体にレトロモダンというテイストで、5階の廊下からは異人館が望めて異国情緒もたっぷり。

朝食付きで予約してあったのだが、その朝食が素晴らしい。

たっぷりのパン(お土産としてパッケージしてくれる)、8種類もの生ジュース、ホテル製ジャム多数、豆乳入りスープやフルーツコンポート、タピオカ入り???、プレーンヨーグルト、どれも美味しくて幸せなひと時でした。

Dscn5981 Dscn5982 Dscn5983 Dscn5984 Dscn5988 Dscn5989 Dscn5990 Dscn5991

久しぶりの有馬

学生時代の友人と久しぶりに行った有馬温泉。

友人の一人が西宮在住ということで、彼女が人気の宿をとってくれました。

こちら(中京地区)で有馬温泉といえば、有馬グランドホテルとか兵右衛向陽閣とかを思い浮かべるんだけど、どうやらあちらでは御所坊、御所別しょなどのあまり大きくないけど風情のある旅館が有名らしく、御所別しょはちょっと高いということで御所坊のほうを予約してくれていました。

部屋はかつて吉川栄治が泊まったこともある部屋とかで、

水音は二階に高き河鹿かな   栄治   

と書かれた色紙が飾られていました。

さらに、囲碁か将棋の名人戦みたいなものが行われた場所でもあるらしく、

特別室の横についている、水禽窟を聞きながらの露天風呂にも入れて、とても素敵な旅館でした。

水禽窟聴きし露天湯冬ともし   ミモザ

Dscn5927 Dscn5914 Dscn5920

北国街道の鯖寿司

湖北地方は、最近熊が多く出て捕獲されているから危険というタクシーの運ちゃんの忠告?で、石道寺から歩くつもりだったのを、観光タクシーに切り替えて、医王寺、己高閣、世代閣の十一面観音を廻ってもらい、最初の木乃本駅近辺まで送ってもらった。

どの観音様もそれぞれ個性的で、またその観音様を守る村の方々も特徴があって面白かった。

特に医王寺の案内人は、観音様の直ぐ近くまで上がって見なさいと言ってくださって、抱きつかんばかりの距離で拝むことが出来た。Dscn6078 Dscn6083 Dscn6090 Dscn6091

木乃本駅の近くには日本三大地蔵の一つ「木乃本地蔵尊」がある。

昼食も食べないで廻った所為で1時半を過ぎてしまい、お腹がぺこぺこ。

木之本地蔵は北国街道沿いにあって、その周辺は山之内一豊の妻が馬を買ったといわれる商家があったり、昔ながらの酒屋があったりで楽しいのだけれど、食べ物屋がほとんどない。

唯一見つけたのが、「すし慶」という雰囲気の良いお店。

とりあえず入ってみたら、これが大正解。

肉厚な鯖寿司と松茸の土瓶蒸、八寸、デザート付きのランチが個室の素敵な部屋で食べられた。

廊下の飾り棚には、昭和56年、皇太子時代の天皇皇后が食事をされた菊の伍紋章つきお重が飾られていた。なるほど美味しいはず。これで2,100円也Dscn6105 Dscn6109 Dscn6111 Dscn6112 このお店はもう一度訪ねてみたい。

十一面観音の宝庫

美容院で、家庭画法11月号にの白洲正子の世界という記事に触発されたというわけではないけれど、今月4日に行ってきました、琵琶湖の湖北、十一面観音の宝庫へ

米原で新幹線から北陸本線に乗り換えて木乃本駅まで、そこからタクシーで7~8分のところにある石道寺へ

Dscn6075

ここには平安中期の唇の赤みが残っている朱唇仏の十一面観音があり、村の人々が管理をされているので、予め電話で拝観の予約をしていったら、村のおばあさんが待っていてくれて、由来のテープを回してくださった。

こんなに素晴らしい観音さんが、民間信仰の賜物として、廃仏毀釈を乗り越えて存在していることに感動!

霜月へ一歩踏み出す朱唇佛     ミモザ

念願の普茶料理

先週月曜から、数年に一度の学生時代の友人との旅行の会で関西方面へ行ってきました。

まずは京都に集合し黄檗山で普茶料理を。私にとっては念願の普茶料理を経験できて幸せ。

それにしても普茶料理って、中華に似ている。黄檗山万福寺の由来を考えれば当然でしょうけど。

Dscn5855

万福寺門前の普茶料理「白雲庵」の庭に面した部屋で美味しいお料理を堪能しました。

Dscn5873 Dscn5856 最初は蘭茶で口を清めて・・・

Dscn5857 胡麻豆腐

Dscn5858 Dscn5859 精進料理のため牛肉のようで大豆?

Dscn5860 Dscn5861 八寸

Dscn5862 Dscn5863 Dscn5864 きのこご飯、おひつに入って

Dscn5865

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »