無料ブログはココログ

« 出会いを大切に | トップページ | 過去に遡って »

八百万の神の国の神宮へ、そして・・・

日本人は心が広いのか、八百万の神々が共存していて、それぞれをしっかり祀っているのは本当に感心する。

その八百万の神々の中心神、太陽を神格化したものが天照大御神で、その天照大御神を主神として祭っているのが伊勢神宮の内宮であり、衣食住の守り神、豊受大御神を祀ったのが外宮であるらしい。

よって、伊勢神宮は古くから、日本人の心の拠りどころとして多くの参拝者がいたのだが、最近はパワースポットブームでますます人気が高いみたい。

私の子供の頃には余り見かけなかったと記憶しているのだが、今は伊勢神宮に参拝するとき、ほとんどの人が大鳥居の前で一礼し、鳥居の端っこを通り、帰るときにはまた振り向いて一礼をするのだ。

おそらくこれは最近の江原さんのオーラの泉や美輪さんの番組などの影響だろうと思うんだけど、なんかほのぼのとしていて、それに従っている自分も愛しくなったりして・・・Dscn5757

Dscn5768

Dscn5771

Dscn5764

内宮には立派な鯉や神鶏が元気に遊び、そして写真には撮れなかったが鹿が突然現れたりして、神の領地を実感した

月白や神鶏木々に登り立ち     ミモザ

神苑の鯉まるまると泳ぎけり     ミモザ

今回は伊勢神宮参拝にプラスして、松坂の和田金ですき焼きを食べることも目的の一つ

午後からの伊勢行きだったので、少々きつかったが、夕方6時には和田金に到着。

美味しいすき焼きと網焼きにありつけましたhappy01

Dscn5780Dscn5783

Dscn5781 Dscn5782

« 出会いを大切に | トップページ | 過去に遡って »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 出会いを大切に | トップページ | 過去に遡って »