無料ブログはココログ

« 「漢倭奴国王」金印は本物!? | トップページ | 念願の椎葉山荘へ »

人は見かけによらない

観光タクシーの運転手さん。

50代の温厚そうな人当たりの良い人でよかった、と思いきや・・・・・annoy

呼子で美味しい烏賊料理に満足し、伊万里の里へ向かう道中。

おばちゃんトークで夫の不倫はどこまで許せるか、とか今さら変な男性なんかと浮気なんてありえん、と大いに盛り上がっていたら、、、突然運ちゃんが話しに割り込んできたpunch

聞けば、10数年前に20歳年下の仕事関係の女性と不倫して、職場を止め、今はこうしてタクシーの運転手になっているが、関係はいまだに続いており、半同棲中とか。

離婚はしないままで、子供にはすでに孫もいる・・・・という話pout

な、なんてリアルな話impact、「事実は小説より奇なり」を地で行くようなpen

そんな話の前では、我々の今までのトークの幼いことdown

もう頭の中はウニウニ状態。だって不倫相手はまだ30代でしょ、我々の子供とそんなに変わらないんじゃない。

奥さんは?子供達は?なんて疑問が閃光のように浮かんでは消えsign02sign03sign02

そんな話に我々はすっかりドン引き状態で意気消沈bombdown

伊万里について、運ちゃんが「45分でここに戻ってきてください」という言葉に何の疑問の感じずに従いましたさsign04

Dscn5643

Dscn5646 Dscn5638

伊万里焼の風鈴が涼しげな音色を聞かせてくれた石畳の路地

素焼きを軒先で乾かしている素朴な風景

色鍋島の高級な器

あんな所こんな所まだまだ見所がいっぱいあったのに、時間に追われてじっくり見れなかったのが残念bearing

本来私達が頼んだ観光タクシーなんだから、私達主体で廻ってよかったのに、すっかり運ちゃん主導になってしまったのは、何故だthink

今度行くときはおばちゃんトークなどしないで、見たいところをしっかりチェックして十分時間をかけてみるゾ~run

« 「漢倭奴国王」金印は本物!? | トップページ | 念願の椎葉山荘へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「漢倭奴国王」金印は本物!? | トップページ | 念願の椎葉山荘へ »