無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

大好きな街

先日、多治見のオリベストリートにあるアンティーク雑貨とブティックのお店に行ってきました。

Dscn5836 オリベストリートは街が一つのアートのようで、古い町並みを活かしつつ現代にマッチして。

左に少し見えているのはKOBANという交番。

Dscn5831 Dscn5830 Dscn5834 素敵な器でいただく紅茶とシフォンケーキのセット。ブルーベリージャムも美味しかったcakecafe

オルガンには竹原高女という刻印があって、かつての女学生がこんなに小さなオルガンで習っていたんだなあと感慨

アンティークカフェのオルガン秋ともし      ミモザ

Dscn5837 帰りにストリートのはずれにある美味しいベーカリーでパンを買って帰りましたbread

この日はお昼から出かけたので、ちょっとしか探訪できなかったから、またゆっくり行ってみたいですね。

奇特な友のお蔭で

今日はとても美味しい松茸を堪能させて頂きましたhappy01

なんと奇特な友人のご一家が、松茸を買いにわざわざ安曇野まで行かれ、ついでに我が家の分も買ってきてくださいました。

Dscn5841

お蔭様で今夜の夕食は松茸のすき焼きと松茸ご飯。盆と正月とクリスマスと〇〇記念日が一度に来たようscissorsDscn5844

Dscn5845

Dscn5846

本当に本当にありがとうheart02

REDLINE

見てきました、木村拓哉が声優をやっているアニメ「REDLINE」movie

いや~、予想以上に面白かった!!

声優陣は他に、蒼井優、浅野忠信。

蒼井優が、役のソノシーにぴったりで、森ガールのイメージと全然違って、愛らしくて色っぽくていい味を出していましたね~。

JP役の木村君は、もうJPそのもの、熱くて優しい男で、もともと木村君に声優をやってもらうつもりで作った作品らしいから。

最後の台詞がなんとも嬉しい、この台詞を聞きたいからまた行きたいわheart01

ストーリーはきわめて単純、レッドラインのレースに勝つためにひたすら突っ走る。

巻き起こることが奇想天外でも、そんなことは気にならない、むしろ面白くて痛快で頭を空っぽにして、見終わったら、気持ちがスカッとしてたっていう映画sun

一緒に行った友人も楽しかったって喜んでたから、感性が似てるのかも。

館内はキムタクファンらしき女性がほとんどで、10数人くらいいたかな。男性はちらほら。

もっと宣伝して多くの人に見てもらえばいいのにと思いましたheart04

ヤマトの予告編もあって、大満足の映画鑑賞でしたlovely

図らずも・・

昨日はお茶のお稽古の日。

その前に岡崎市美術博物館でやっている「茶の湯の文明開化展」を見に行くことになって、

Dscn5823

久しぶりにお茶の皆さんとランチに

で、皆さんがまだ行ったことがないということでアンフュージョンへrestaurant

図らずも同じお店のディナーとランチが並ぶことになってしまったけど、

アンフュージョンのランチは本当に美味しくてお値打ち感いっぱい

お店もほぼ満員で、若い女性から中年の夫婦連れ、我々おばちゃま世代まで幅広い人気

Dscn5817 牛蒡のポタージュ

Dscn5818 友人の梨とスモークサーモンのサラダ

Dscn5819 秋刀魚ののカルパッチョ、焼茄子添え、もう絶品の美味しさ。秋刀魚も全然臭みがなくて美味

Dscn5820 黒鯛のポワレ、濃厚そうだけどあっさりしていて食べれてしまう。

Dscn5821 キャラメルのアイスと洋ナシのタルト、抹茶味のフィナンシェ、珈琲又は紅茶付き

これで、2,000円。リピーターが多いのも頷けるね。

窮屈な世の中のなのかな?

駐車禁止に厳しい取締りが始まってから数年になるけど、窮屈に感じることもあるよね。

確かにひどい駐禁違反は取り締まられるべきだけど、過剰な取調べは嫌

先日、友人を待つためにリブラの南側の車の余り通らない、でも結構広い道で駐車灯を出して待っていた。

右車線には、右側駐車で一台停車していた。そこへパトカーがやって来て、右側駐車の車に近づいたら、さっと行ってしまった。

私は来たばかりだし、特に違反はなかろうとそのまま乗っていたら、パトカーから若い警官が出てきて、立ち退けという。

でも、今来たばかりで友人も直ぐ来ると連絡があったので、ここでそのまま待ちたいといったら、駐車禁止区域だという。

確か駐禁は、5分以内で人の乗降、荷物の出し入れならいいと思ったので、警官にそう言ったら、人の乗降はダメ、荷物の積み下ろしのみ5分の猶予あり、とのこと。

へ~、知らなかったcoldsweats02

でも、そんな硬いことかつては言わなかったよね。

駐車違反しても、『遠方から来たからこの地域のこと知らないの、今回は見逃してwink』って言ったら、『まあしょうがないな、今度だけだぞ』なんて許してくれちゃうおまわりさんもいたものね、ン十年前の話だけど・・・・bleah

桃と海老のオードブル

ちょっと前のことになるけれど、「アンフュージョン」の桃と海老のオードブルが食べたくて、行って来ましたrestaurant

Dscn5705

前菜なのに量はたっぷり。海老のプリプリ感と桃の優しい甘さとオーロラソースがぴったり

毎年この時期になると一回は食べたくなる一品

今回は家族4人で行って、一人がフルコース、3人はハーフコースだったんだけど、どのお料理も量がたっぷりで、最後はもう食べられない~と全員

Dscn5706

Dscn5707

Dscn5708

それぞれ、豚肉、鶏肉、サーモンメインのオードブル

Dscn5709

スープは、冷製ビシソワーズの中にコーンのアイスクリーム入り、美味しかった

その後、鱸のポワレ、鴨のオレンジソース、牛ほほ肉の煮込み、、、どれも美味しくて大満足でした

Dscn5710

Dscn5712

Dscn5713

Dscn5714

Dscn5715

秋だから・・・

10月なのに暑いね~、という言葉を交していても、やっぱり朝夕は肌寒さを感じて秋を実感できる今日この頃、ということで、ってどういうこと?かは分かりませんけど、、、

10月から新たにお絵かきを始めましたart

と言っても、10年位前に2年ほど、カルチャーで色鉛筆画を習っていたから、新たというのはちょっと違うんだけど。

先生は、PTAの読書クラブでご一緒だったTさん。

独特な感性の持ち主で、お話していてとても楽しいユニークな方。

お仲間は、先生の幼馴染みのMさんと、やっぱり読書クラブでご一緒だったロックとイケメン大好きなNさん。

Nさんも習うことを知らなかったから嬉しかったわ。

Nさんのブログが大好きで、いつも覗いていたから「お久しぶり」とご挨拶してもちょっと違和感があったほど。

これからがますます楽しみ。

で、第一回は色鉛筆で洋ナシを書いてみました。

用紙が水彩用らしくざらざらしていて、イメージどおりに描けなかったのがちょっぴり不満だけどねwobbly

Dscn5816

全員救出よかったね

このところWSはチリの救出劇がメインtv

先ほど全員救出されたとのこと、ホントよかったねhappy01

あの狭い空間に33人が2ヶ月以上も無事でいられたことは、本当にすごいと思うflair

最後に救出されたリーダーが、いかにうまくチームを纏め上げたかってことも要因の一つだと思うのgood

それに、早くて11月はじめと言われた救出がこんなに早くできたのは、やはり世界中の支援と技術の結集が大きく作用もしただろうし、、、

科学技術の進歩はノーベル賞などを見てもわかるけど、善悪表裏一体の部分があって、片や軍事・戦争をに利用するということで、とてつもなく進歩してきたんだと思う

その一方で、こういう平和利用に大いに貢献できるということにも繋がっていくと思うと、結局人間の営みは大いなるバランスの元に成り立っているんではなかろうか、なーんてねwink

過去に遡って

サボってばかりのブログなので、まだ書ききれてないことが・・・

この夏はスマップコンサートに明け暮れて過ぎていったんだけど、〆はやっぱり東京ドームオーラスに行くこと

数日間頑張って、チケットをゲットして、ついに初めてのオーラスにも行きました。

噂に違わなぬ楽しさで、やっぱり病みつきになりそう。

トリプルのアンコールとシャンパンファイトで4時間15分。

Dscn5736

9月16日分チケットはしっかり取れていたんだけど、義理の叔母が14日に亡くなり、どうなることかの展開に。

結局前夜お通夜を済ませ、当日葬儀は出棺までで失礼させてもらって、東京ドームに駆けつけました。

幸い従姉妹にもスマファンがいて理解してくれたので助かりました。

16日はちょうどDVD撮りの日で席は今までで一番良かったのに、目の前のカメラのクレーンが突然視界を遮るという時たま残念な席。

でも自分の参加した日が記録として残るのは嬉しいこと。

スマップもDVD撮りを意識してか、MCも長くて面白かったし、張り切り具合も最高だったんじゃないかしら。

娘とスマップ大好きな娘のお友達も参加して、とても楽しく過ごせました。

泊まりはドームホテルなので、終われば直ぐに帰れて楽だしね。

すっかり秋めいていて、時は進んでいるからちょっとと思ったけど、一応アップしておきます。

八百万の神の国の神宮へ、そして・・・

日本人は心が広いのか、八百万の神々が共存していて、それぞれをしっかり祀っているのは本当に感心する。

その八百万の神々の中心神、太陽を神格化したものが天照大御神で、その天照大御神を主神として祭っているのが伊勢神宮の内宮であり、衣食住の守り神、豊受大御神を祀ったのが外宮であるらしい。

よって、伊勢神宮は古くから、日本人の心の拠りどころとして多くの参拝者がいたのだが、最近はパワースポットブームでますます人気が高いみたい。

私の子供の頃には余り見かけなかったと記憶しているのだが、今は伊勢神宮に参拝するとき、ほとんどの人が大鳥居の前で一礼し、鳥居の端っこを通り、帰るときにはまた振り向いて一礼をするのだ。

おそらくこれは最近の江原さんのオーラの泉や美輪さんの番組などの影響だろうと思うんだけど、なんかほのぼのとしていて、それに従っている自分も愛しくなったりして・・・Dscn5757

Dscn5768

Dscn5771

Dscn5764

内宮には立派な鯉や神鶏が元気に遊び、そして写真には撮れなかったが鹿が突然現れたりして、神の領地を実感した

月白や神鶏木々に登り立ち     ミモザ

神苑の鯉まるまると泳ぎけり     ミモザ

今回は伊勢神宮参拝にプラスして、松坂の和田金ですき焼きを食べることも目的の一つ

午後からの伊勢行きだったので、少々きつかったが、夕方6時には和田金に到着。

美味しいすき焼きと網焼きにありつけましたhappy01

Dscn5780Dscn5783

Dscn5781 Dscn5782

出会いを大切に

というとなんとなく素敵に聴こえるが、これは自己弁護の巻

CHINA ON THE PARKを後にした我々は、有田駅に行く途中柿右衛門窯、井上萬二の白磁窯に寄り、最後に今右衛門窯に立ち寄った。

ちょうどそのとき天から大粒の雨rain    電車の時刻にはもう30分もないくらい

今右衛門窯は有田の街道沿いにある昔ながらの建物

ギャラリーは決して大きくないが、柿右衛門ほどお高くもなくウッ!と意を決すれば買えそう

でも何せ時間もないので帰ろうとしたとき、仲間の一人が、「これ下さい」と手ごろな5枚セットのお皿を購入?万円也

そしたらもう一人も同じものを買うと言い出した

確かにそのお皿は使い勝っても良さそう、お値段も絵柄を考えたらお値打ちかも、と思ったとたん、「私も下さい」と叫んでいたwobbly

まあ、今回の旅行で、もし何かいいものを買うとしたら、今右衛門だと密かに思っていたので、これもいい出会いとポジティブに考えて・・・

外に出たら、雨はますます激しくなっていたけど、旅の終わりに身を清められたと思うことに・・・(ポジティブ)Dscn5693

柿右衛門窯の柿の木夏深し     ミモザ

CHINA ON THE PARK

3日目、これも念願の深川製磁のCHINA ON THE PARK へ

Dscn5681

広い敷地に忠次館という美術館やアウトレット、レストランがあって楽しい場所

Dscn5675 Dscn5676

アウトレットでそれぞれダンボール一杯分の買い物をして、その後究林登というレストランへrestaurant

Dscn5683 Dscn5684

Dscn5688

メインは海老のドリア

Dscn5689

Dscn5690

とにかく器がかわいかったり素敵だったりで満足

山荘料理は素朴

椎葉山荘のお料理は素朴で素材のよさを味わうこと

Dscn5658 Dscn5659

Dscn5660

Dscn5662

かねがね食べたかった佐賀牛、しゃぶしゃぶでいただきました

Dscn5663

Dscn5664

五島手延うどんに鮎煮浸し。美味しかった

Dscn5665

ご飯は縄文米ととろろ汁、満腹でもう入らないと思いつつ、あっさりしていたので完食

Dscn5666

Dscn5667

デザートのチョコレート饅頭。白餡をチョコレートで包んで葛で閉じてある

念願の椎葉山荘へ

どうやら運ちゃんは、若い彼女の待つ福岡へ早く戻りたかったらしく、3時半には椎葉山荘へ送り届けてくれましたrvcar

3年前に大正屋に泊まったときに、別館椎葉山荘があることを知って来てみたかった所house

嬉野温泉街を山の中へ10分ほど行くと緑に囲まれた山間にひっそりと椎葉山荘があります。

ただ一つ想定外だったことは、山荘は部屋から食事どころ、露天風呂はみんな外の渡り廊下をで繋がっているので、部屋を一歩出ると暑いこと

紅葉のシーズン、桜の頃にはとてもいいかもmaplecherryblossom

Dscn5648

ロビーには七夕飾りが。

露天風呂でくつろいだ後は楽しみな食事

Dscn5649

まずは梅酒の食前酒から

Dscn5651

先付けの野菜サラダと白す干し

Dscn5652

お茶蒟蒻、分葱のからし酢味噌

Dscn5653

白和えと吟醸豆腐。ここまでが先付け

Dscn5655

人は見かけによらない

観光タクシーの運転手さん。

50代の温厚そうな人当たりの良い人でよかった、と思いきや・・・・・annoy

呼子で美味しい烏賊料理に満足し、伊万里の里へ向かう道中。

おばちゃんトークで夫の不倫はどこまで許せるか、とか今さら変な男性なんかと浮気なんてありえん、と大いに盛り上がっていたら、、、突然運ちゃんが話しに割り込んできたpunch

聞けば、10数年前に20歳年下の仕事関係の女性と不倫して、職場を止め、今はこうしてタクシーの運転手になっているが、関係はいまだに続いており、半同棲中とか。

離婚はしないままで、子供にはすでに孫もいる・・・・という話pout

な、なんてリアルな話impact、「事実は小説より奇なり」を地で行くようなpen

そんな話の前では、我々の今までのトークの幼いことdown

もう頭の中はウニウニ状態。だって不倫相手はまだ30代でしょ、我々の子供とそんなに変わらないんじゃない。

奥さんは?子供達は?なんて疑問が閃光のように浮かんでは消えsign02sign03sign02

そんな話に我々はすっかりドン引き状態で意気消沈bombdown

伊万里について、運ちゃんが「45分でここに戻ってきてください」という言葉に何の疑問の感じずに従いましたさsign04

Dscn5643

Dscn5646 Dscn5638

伊万里焼の風鈴が涼しげな音色を聞かせてくれた石畳の路地

素焼きを軒先で乾かしている素朴な風景

色鍋島の高級な器

あんな所こんな所まだまだ見所がいっぱいあったのに、時間に追われてじっくり見れなかったのが残念bearing

本来私達が頼んだ観光タクシーなんだから、私達主体で廻ってよかったのに、すっかり運ちゃん主導になってしまったのは、何故だthink

今度行くときはおばちゃんトークなどしないで、見たいところをしっかりチェックして十分時間をかけてみるゾ~run

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »